ゴルフ会員権ニュース
NEWS
ニュース年月
年月

エヴァンタイユGC(栃木)1万2千人超がレストラン利用 2017年04月19日

 PGMグループはPGM全国支配人会議で、ゴルフ場運営で売上やサービスなど総合的評価の高いゴルフ場を表彰。その中でエヴァンタイユゴルフクラブは、クラブハウスのレストランを有効活用し、新たな付帯売り上げに果敢に挑戦したと評価。
 同GCでは、朝からバイキングを提供し、ゴルフプレー以外の来店も受け入れており、昨年は1万2000名を超える来店があった。バイキングの料金は税別で、平日は大人1400円(アルコール類80分フリードリンク付きは2000円)、小学生以下980円、土・日祝日は大人1600円(2600円)、小学生以下1180円で、4歳未満は全日無料。この売り上げが経営に大きく貢献している。地域の少年・社会人のスポーツチームやPTAなどに対しPR、周辺に手頃な宴会施設がないことで利用者が多くなったという。はとバスが利用することもある。また、浴室の利用も受け入れている。

サンメンバーズCC(山梨)キャンペーンで名義書換料割引 2017年04月17日

 サンメンバーズカントリークラブは談合坂スマートIC(仮称・31年度開通)開通記念として名義書換料の割引キャンペーンを5月1日から31年12月31日まで行う。 
 名義書換料は税込で、正会員16万2000円が10万8000円、さらに女性&39歳以下は5万4000円になる。平日会員は8万6400円が6万4800円に、女性&39歳以下は3万2400円となる。無記名法人は16万2000円が10万8000円、正会員と平日会員の法人内記名者変更は記名者が10年以上在籍の場合は無料となる。相続・生前贈与、社名変更は変わらない。期間中は山梨県下で一番安くなる。女性と若い世代に増えてほしいので特に安くしたとしてアピールするいう。
 談合坂スマートICが開通すると同ICから同CCまで車で5分と便利になる。

サンメンバーズカントリークラブ

小金井CC(東京)官報で資本金減資を公告 2017年04月17日

 小金井カントリー倶楽部を経営する小金井ゴルフ㈱は、資本金の減資広告を3月31日付の官報で行った。資本金の額を13億2000万円減少し4000万円にする。13億2000万円はすべて資本準備金とする。支配人は、「従来の資本金では大企業扱いとなり一旦軽くする。増資予定はなく、発行する株式は変わらない」という。
 同社は有価証券報告書を提出。昨年度は降雪によるクローズの影響もあり、営業日数は前期比17日減の319日で総来場者数は1093名減少の2万7690名。営業収入は717万減少、営業損益は2億3249万円の損失となった。その中でも会員移動に伴う入会金収入は1億6500万円で1950万円増えたとしている。当期純損益は6562万円となっている(前期は3970万円)。
 今年度の設備投資は、芝の張替え、コース機械等購入、キャディカート購入で総額6989万円余り。

小金井カントリー倶楽部

北の杜CC(山梨)名義書換を再開 2017年04月14日

北の杜カントリー倶楽部は正会員のみ名義書換を4月より再開。平日会員は停止中。
名義書換料は税別で、一般書換が100万円、相続・一親等親族・同一法人内は40万円。
昨年から行っている正会員募集(1名記名式・入会金110万円)は定員100名集める予定で継続中。

北の杜カントリー倶楽部

千葉CC(千葉)週日会員の名義書換を4月より再開 2017年04月07日

千葉カントリークラブは週日会員(土不可)の名義書換を4月1日より再開。
週日会員の名義書換料は税別50万円で別途入会預り金50万円(据置期間なし・退会時返還)が必要となる。年会費は4万円。
今回の名義書換再開で当面募集予定はない。

千葉カントリークラブ