ゴルフ会員権ニュース
NEWS
ニュース年月
年月

中山CC(千葉)書換預託金を一時停止 2017年11月30日

中山カントリークラブは新規入会者の入会費用軽減のため、平成30年1月から12月まで書換預託金(50万円)の預りを一時停止する。新規入会者の負担額は名義書換料100万円(税別)のみとなる。
なお、退会者が書換預託金を預けている場合は従来通り返還する。

中山カントリークラブ

塩原CC(栃木)自主再建型の再生計画案のみで決議 2017年11月27日

 塩原カントリー倶楽部を経営する㈱塩原ゴルフ倶楽部は、7月7日に民事再生法の適用を申請したが、一時会員債権者側からも計画案が提出され会社案との対立が懸念されたが、11月2日に会員債権者側が提出した再生計画案を付議しない排除決定が出され会社案のみで決議が行われる(12月27日)。
 会社側の再生計画案は、ゴルフ場を営業しながら再建を目指す自主再建型。弁済条件は預託金等の債権を80%カット、残り20%を、継続会員は新預託金(10年据置き)に、退会会員・一般債権者は平成30年から34年まで毎年5月末日限り均等分割で弁済。
 同社では、預託金償還問題を解決すれば会員権相場も回復すると確信しているとし、平成34年に開催される第77回国体において同CCが会場に選定されており、これにむけ30年からコースの大規模な改修工事を実施、コースを最高の状態に仕上げる計画と説明。
 一方、会員債権者の一部が提出していた再生計画案は、宇都宮ガーデンゴルフクラブを経営するガーデンゴルフクラブ㈱にゴルフ場を事業譲渡する案であったが、事業譲渡を再生債務者と株主が拒否したり、土地の地主が反対しているなどから事業譲渡の実現可能性がなく再生計画の遂行される見込みがないため会社案のみでの決議になった。

塩原カントリークラブ

アコーディアG、役員にHIS元副会長の平林氏 2017年11月27日

㈱アコーディア・ゴルフは平林朗氏が取締役に就任したと発表。来年1月1日付柄代表取締役就任の予定。
今回の人事について同社では、経営体制の充実と強化を図るため、経営と実務に豊富な経験と知見を有する平林氏を招聘し、当社事業の成長戦略を現行取締役と共同で取り組み、さらなる企業価値の拡大を目指すという。田代社長は取締役会長の就任を予定し、新代表取締役とともに経営に関与していく。ベンチャー企業で培った平林氏の経験や実績からインバウンドや新サービス、M&A等に期待を寄せている。

新白河GC(福島)来年4月1日に完全閉鎖 2017年11月20日

新白河ゴルフ倶楽部は来年3月31日まで営業、4月1日に完全閉鎖となる。
同GC運営の㈱エスジーシーの関係会社が同倶楽部の土地などの資産の保有しており、資産を太陽光発電を計画している他社に売却するという。
同GCの会員権は預託金なしで譲渡可のプレー会員権。現会員数は約350名。会員のプレー権に関しては近郊のゴルフ場を案内、正会員として受け入れてもらう考え。(ゴルフ場は今のところ不明)
同GCは昭和51年開場。平成18年に経営の㈱新白河ゴルフ倶楽部が民事再生法を申請、19年に再生計画案が成立、その後は支援先の交代があり、平成22年に韓国のイーヒョングループが取得、27年には不動産を含むゴルフ場事業を取得した企業が㈱エスジーシーに運営を委託し営業してきた。

新白河ゴルフ倶楽部

鹿野山GC浅間C(千葉)わんちゃん同伴プレー受入開始 2017年11月20日

鹿野山ゴルフ倶楽部は11月1日の犬の日にちなんで、浅間(せんげん)コースで『わんちゃん同伴プレー』の受入れを開始した。
同GCではコースの予約状況に応じて、バスで3分ほど離れた浅間コースを2回まわる‟浅間ゴルフ倶楽部”として格安な料金で営業しており、この日と薄暮プレーでわんちゃん同伴プレーを受入れる。プレー料金(税込)はビジター5000円(薄暮3000円)、メンバー4000円(2000円)、ジュニア2000円(1000円)で、わんちゃん入場料は500円。食事は浅間でのスタートハウスとベンチでとる乗用カートのスループレースタイル。わんちゃんは必ずリードをつける。同GCはマザー牧場のグループで、新しい試みとして始めたという。

鹿野山ゴルフ倶楽部

太平洋C御殿場(静岡)コースを全面改修 2017年11月13日

㈱太平洋クラブは太平洋クラブ御殿場コースの全面改修を行う。世界的な設計家のリース・ジョーンズ氏と松山英樹プロを監修に迎え、美しい原設計を最大限に活かしつつ、これからのゴルフシーンを牽引する国際水準のトーナメントコースに生まれ変わるという。

来年1月から10月を工期として営業しながら改修工事を行う。今回の改修は前回(平成12~13年)以来の大幅な改修を予定している。御殿場コースを国際基準のレベルに引き上げるのが目的。現在のトーナメント基準では第1打の落下地点の距離が280ヤードであるに対して、御殿場コースは旧基準の250ヤードに留まっているとして、改修によりプロゴルファーにとっており戦略性の高いコースであると同時に、アマチュアにとっても一層フェアでプレーしやすいコースであることを両立させるという。改修ポイントは、美しい富士山の景観がさらに映えるレイアウトに変更し、日本屈指のトーナメントの舞台に相応しい戦略性を兼ね備えたレイアウトを目指す。さらにシニア・女性のティーインググラウンドを増設、メンバーをはじめ幅広いアマチュアゴルファーが楽しめるコースに進化させたいという。

 

太平洋クラブ

房総CC(千葉)名義書換料の減額キャンペーンを半年間延長 2017年11月09日

房総カントリークラブは「日本プロゴルフ選手権大会開催記念名義変更減額キャンペーン」を今年12月31日までとしていたが好評のため、来年6月30日まで実施期間を延長する。
キャンペーン期間中の名義書換料は税別で、第三者への譲渡が通常100万円が50万円、利用者への所有変更50万円が25万円、相続及び贈与で在籍10年未満10万円が5万円、在籍10年以上10万円が2万円。新入会員の年会費は3万6000円。
日本プロゴルフ選手権は、同CC房総ゴルフ場の東コースで来年5月10日~13日に開催。
同CCでは、会員の同伴プレーに限り西コースでの乗用カート乗り入れを開始した。

房総カントリークラブ

京葉CC(千葉)192万円で女性正会員募集 2017年11月06日

京葉カントリー倶楽部は、女性限定の正会員補充募集を11月1日より開始。
募集金額は192万円で入会金が162万円(税込)、預託金30万円(償還は倶楽部解散時)。証書は譲渡・相続可能。定員は10名で、募集口数満了か今年の12月27日までの受付となる。年会費は税込で86,400円(5~4月)。

京葉カントリー倶楽部