ゴルフ会員権ニュース
NEWS
ニュース年月
年月

霞ヶ関CC(埼玉)規約変更で女性の正会員認める 2017年03月24日

 国際オリンピック委員会や日本ゴルフ協会など五輪関係団体から、女性正会員を認めていない規約の変更を求められていた東京五輪ゴルフ会場の霞ヶ関CCは、臨時理事会を開き女性正会員を認める規約変更を決議。
 東京オリンピック組織委員会の森会長がゴルフ会場に懸念を表明したのがきっかけで、日本ゴルフ改革会議が小池知事あてに開場の見直しを要請。小池知事の女性のプレーも認めるべきとの発言で内外に女性差別問題が広がった。同CCでは2度の会員説明会や理事会を開き検討、3月20日に結論を出した。
 変更は規約の細則の一部で正会員について、「理事会の定める一定の年齢に達した男子とする」の「男子とする」を「者とする」に変更、「家族会員は正会員の妻で」は「妻で」を「配偶者」に変更。週日会員から正会員への変更については「男子たる」の文言を削除し女性も正会員に移行できるとした。
 JGAは改定決議の連絡を受け今後は女性にも正会員への道が開かれることになったと報告、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、日本オリンピック委員会と連名でコメントを発表。国際ゴルフ連盟からの歓迎のコメントも報告した。そして「今後は2020年の大会の成功に向け関係者一同力を合わせ準備に取り掛かる所存」と表明。

花咲CC(山梨)の経営会社、民事再生法を申請 2017年03月17日

花咲カントリー倶楽部を経営する㈱花咲カントリー倶楽部(市川造園土木グループ)は、3月10日に民事再生法適用を申請、保全命令を受けた。
負債は会員約400名の預託金債権を含め約71億400万円で、自主再建を目指す。
㈱花咲カントリー倶楽部は昭和55年設立、平成12年8月に花咲CCをオープン。15年12月期には年収入高約6億7300万円を上げていたが、入場者数減少・プレー料金競争から減収減益が続き昨年12月期には約5億円に落ち込んだ。一方、昨年より預託金償還期限を迎えたことで民事再生法を申請したという。

花咲カントリー倶楽部

上野原CC(山梨)4月より正会員募集 2017年03月17日

 上野原カントリークラブは、4月1日より平成31年3月31日まで正会員を募集する。その間名義書換停止(同一法人内、一親等以内相続は受け付ける)。
募集金額は税別で80万円(入会金60万円、預託金20万円=20年据置き)。定員は300名。入会条件は満20歳以上で当クラブ会員としてふさわしい方。現在の会員数は1010名。
 同クラブの会員権(預託金)は担保権つき。㈱上野原CCが預託金返還債務の履行が不能となったとき「根抵当権を実行し預託金を一定程度保証する」というシステムを採用。会員入会から5年間はその資格及び預託金返還請求権を譲渡することができないとしている。

上野原カントリークラブ

㈱シャトレーゼリゾート八ヶ岳がグループ2社と合併 2017年03月15日

シャトレーゼグループの㈱シャトレーゼリゾート八ヶ岳(シャトレーゼCC野辺山・小海リエックス・CC経営)は、都留CC経営の㈱都留カントリー倶楽部と富士見ヶ丘CC経営の㈱富士見ヶ丘カントリー倶楽部の2社と合併、それぞれの権利義務を承継、存続会社はいずれも㈱シャトレーゼリゾート八ヶ岳となり、グループ2社は承継後解散となる。
㈱シャトレーゼリゾ-ト八ヶ岳はグループ4コース等の経営会社となる。

シャトレーゼカントリークラブ野辺山都留カントリー倶楽部富士見ヶ丘カントリー倶楽部小海リエックス・カントリークラブ

太平洋クラブが名義書換を再開 2017年03月10日

株式会社太平洋クラブは会員募集を2月末で終了、一部会員権の名義書換を3月6日より9月末までの予定で再開。
名義書換料は税別で、太平洋クラブの正会員が150万円、太平洋アソシエイツの正会員が120万円、平日会員が100万円、関西エリアの正会員が120万円、太平洋宝塚クラブが100万円。
入会条件は原則、推薦者に会員2名(5年以上在籍・年間5回以上のプレー)が必要であるが、理事か分科委員1名の推薦があれば可。
昨年から行ってきた新規会員募集の位置づけとして、会社更生手続き前時点の退会者の補充、理想会員数1万9980名と設定等とし、現在の会員数は1万7650名ほどになっている。

太平洋アソシエイツ太平洋クラブ

鷹之台CC(千葉)コウライグリーンを改造 2017年03月08日

 鷹之台カンツリー倶楽部はベントとコウライの2グリーンで、サブグリーンであるコウライグリーン中心の改修工事に着手。1月より管理道路等の工事に入っており、3月よりグリーンの築造、5月よりバンカー30か所築造、7月より芝の養生し来年2月使用開始の予定。
 来年3月から5月にかけ2期工事としてベントグリーンとその周辺も改修する。グリーン3ホール築造、アプローチエリアなどの改修と6ホールでバンカーの築造も行う。 

鹿沼CC(栃木)プレミアムフライデープランを開始 2017年03月03日

 鹿沼グループの鹿沼カントリークラブでは、2月24日から始まったプレミアムフライデーに鹿沼市内の企業とタイアップし「プレミアムフライデー充実プラン」を開始。
 金曜日の午後3時半から鹿沼CCで3ホールを練習ラウンド、終了後「炭火焼肉おおつか鹿沼店」で地元産のかぬま和牛や米・野菜を使った特別メニューのディナーを楽しみ、リゾートホテル「ニューサンピア栃木」に移動してアルアリ性単純温泉のお風呂を堪能し宿泊、翌日土曜日に同CCで18ホールラウンド(朝・昼食付)するという内容になっている。
 今年12月までの毎月最終金~土曜日に実施。毎月3組限定(予約は2人以上から可)で、料金はプレー代・食事代・宿泊代込で1人1万9800円~2万3800円(季節変動有)。
 鹿沼グループによると、同プランのコンセプトである「月末金曜はちょっと豊かに」をゴルフ場を通して実現するために企画したという。開始初回の2月24日は利用者はいなかったが、プレミアムフライデーが世間に浸透し快適なゴルフプレーが楽しめる春あたりからの予約に期待している。

鹿沼カントリー倶楽部

真名CC(千葉)プレミアムフライデープランなどイベントが多彩 2017年03月03日

 リソルグループは真名カントリークラブのプレミアムフライデープランなど様々なニュースを発信。
 3月31日宿泊プランは真名コース限定で、ログハウスでの宿泊と夕・朝食、翌日1ラウンドセルフプレーで2万3000円、5月26日宿泊プランは真名ゲーリー・プレーヤーコース限定で、同様の内容で2万5000円。10名以上の予約で無料送迎バス(東京23区内・千葉県・横浜・川崎から)利用可となっており、“お勤めの会社より無料送迎付き”「金曜の夜、飲んで騒いで、翌日朝からゴルフ!起業応援プラン」と宣伝。前泊の利用者は天然湯の華風呂が無料で利用でき、女性グループには夕食時シャンパン1本プレゼントの特典あり。
 また3月より、おもしろコンペシリーズとして毎月最終金曜日に「全国に多い苗字別オープンコンペ」を開催する。3月31日はさとうさんコンペで、1組内に1人でもさとうさんがいれば参加可。くすの木コースのセルフプレー代・昼食込でビジターが10000円、フレンドが9000円、メンバーが8000円。競技方法は、新ぺリアのトリプルボギーカット&ハンデ上限36集計で、スルーザグリーン6インチプレース、ワングリップ内OKありのルールとなっている。定員7組28名限定で、入場者には豪華賞品を用意。4月はすずきさん、5月はたかはしさんの予定。

真名カントリークラブ

伊勢原CC(神奈川)会員募集 2017年03月03日

 PGMグループの伊勢原カントリークラブは、3月19日より会員募集を開始。名義書換は停止しない。
 募集金額は税別で32万円。2~4名の同時入会の場合は30万円、5名以上の場合は28万円と割引になる。定員は250口、年会費は3万6000円。
 同CCによると、会員数は約2000だが、アクティブ会員数が半数強と少ないことから募集に至ったという。平成27年10月PGMグループ入り、昨年11月より電磁誘導乗用カートを導入、今年2月からはオートタッチ式のGPSナビを搭載しラウンドしやすくなったという。
 また、同じくPGMグループの福岡国際カントリークラブも正会員募集を開始。募集金額は30万円。同クラブ正会員の紹介の場合28万円。年会費は3万円。27年12月グループ入り、現会員約1800名。

伊勢原カントリークラブ

鳩山CC(埼玉)補充募集開始 2017年03月01日

 鳩山カントリークラブは3月1日より補充会員募集を開始。名義書換は停止しない。
 募集金額(税別)は正会員430万円(入会金200万円・預託金230万円=据置き)、平日会員200万円(入会金100万円・預託金100万円)。定員は正会員50名・平日会員20名で達し次第締め切り。入会条件は30歳以上の日本国籍者で反社会的勢力に関係ない方など。
 同クラブは退会償還を受け付けているため、会員減少に対応すべく補充募集を行い、総会員数1200名を維持したいという。

鳩山カントリークラブ