ゴルフ会員権ニュース
NEWS
ニュース年月
年月

太平洋C御殿場(静岡)コースを全面改修 2017年11月13日

㈱太平洋クラブは太平洋クラブ御殿場コースの全面改修を行う。世界的な設計家のリース・ジョーンズ氏と松山英樹プロを監修に迎え、美しい原設計を最大限に活かしつつ、これからのゴルフシーンを牽引する国際水準のトーナメントコースに生まれ変わるという。

来年1月から10月を工期として営業しながら改修工事を行う。今回の改修は前回(平成12~13年)以来の大幅な改修を予定している。御殿場コースを国際基準のレベルに引き上げるのが目的。現在のトーナメント基準では第1打の落下地点の距離が280ヤードであるに対して、御殿場コースは旧基準の250ヤードに留まっているとして、改修によりプロゴルファーにとっており戦略性の高いコースであると同時に、アマチュアにとっても一層フェアでプレーしやすいコースであることを両立させるという。改修ポイントは、美しい富士山の景観がさらに映えるレイアウトに変更し、日本屈指のトーナメントの舞台に相応しい戦略性を兼ね備えたレイアウトを目指す。さらにシニア・女性のティーインググラウンドを増設、メンバーをはじめ幅広いアマチュアゴルファーが楽しめるコースに進化させたいという。

 

太平洋クラブ