ラウンドレポート
REPORT

霞ヶ浦カントリー倶楽部(茨城県) プレー日:2013年03月07日

バック
18H/P72/バックティー6798y
レギュラー
6292y
コースレート
バックティー71.5
開場日 昭和 61年
会員数 368 名
経営会社 PGMプロパティーズ株式会社
プレースタイル キャディ付かセルフの選択制。 乗用カートでのラウンド
アクセス 常磐自動車道・千代田石岡ICより21km、土浦北ICより30km
電車JR常磐線・石岡駅下車
クラブバスなし
お問い合わせ ≫お問い合わせフォームへ
ゴルフ場経営最大手の日本ゴルフ振興が法人会員制倶楽部として上場企業を中心に募集。
その後、PGMが経営を引き継ぎ、個人も対象に募集。
メンバー数が368名と非常に少なく、高級接待ゴルフ場の名残があります。
現在、名義変更入会プランを実施中ですので、名義変更料は実質55万円で済みます。
コースはフラットで林間の趣があり、綺麗なレイアウトになっています。
池やクリークが多くのホールに絡んでいますので、これをどう克服するかがスコア―メイクのカギになります。
最終18番はアイランドグリーンになっていますので、セカンドショットは正確な方向・距離が要求されます。
14番ロングホールは右に90度ドッグレッグしていますので、ティーショットで飛距離が出ないとセカンドショットはレイアップになります。
コースメンテナンスは良く、天候によってはカートがフェアウエイに乗入れ可能になります。
接待用をコンセプトに造られたコースですので、気持ち良くプレーができますので、再度訪れたくなるゴルフ場です。
HOLE123456789TOTAL
PAR54445443538
HOLE101112131415161718TOTAL
PAR44345435436
IN コース ホール No.1 Par5/Back558y/Reg473y
スターティングホールは、木立の中から打ち出す。フラットで広いフェアウェイの豪快なロングホール。ティーショット落下点に並行する右サイドのバンカーは100ヤードにもおよぶ。グリーン奥には池がありオーバーにはご要心。
IN コース ホール No.2 Par4/Back340y/Reg325y
グリーンと奥のバンカー、緑と白の調和が美しい。グリーン左のサイドバンカー、右に池がありセカンドショットは飛距離よりも正確さを求められる。
IN コース ホール No.3 Par4/Back377y/Reg358y
広いフェアウェイは一見イージーホールに見えるが左右になかなか厳しいフェアウェイバンカーを持っている。特に左側の名物バンカーの長さがありフェードボールで攻めたいホール。
IN コース ホール No.4 Par4/Back365y/Reg335y
木立に囲まれ、セパレートされたコース。ティーショットは距離よりも正確さを。セカンドショットは距離感に注意されたし。やや左側より攻めたいホール。
IN コース ホール No.5 Par3/Back198y/Reg175y
広いグリーンまわり。グリーン奥には四季を彩るさつき、どうだんつつじがあり、ティーショットの期待が高まる。緑、白い砂、春のつつじ。アウトコースの名物ホールである。広いグリーンは奥の方が2段のグリーンなのでご要心。
IN コース ホール No.6 Par4/Back396y/Reg379y
打ち上げのティーショット。距離をかせがないとパーセーブは難しい。クリーン奥にはウォーターハザードがあり距離と方向と正確さが求められる難関ホール。
IN コース ホール No.7 Par4/Back402y/Reg384y
広大な池に浮かんだティーグランドから打ち出す。素晴らしい眺めのホール。距離もたっぷりあり、ダイナミックに攻めたいホール。グリーン奥のバンカー、池にご要心。
IN コース ホール No.8 Par3/Back150y/Reg134y
ティインググランドからグリーンエッジまで満々と水をたたえる池面が拡がる。グリーン右のサイドバンカー、正面の樫の木に気をとられるとショートの可能性も。一幅の絵の中にぜひナイスオンを。
IN コース ホール No.9 Par5/Back532y/Reg507y
ティーショットはフェアウェイ中央の松の木に向かって打ち出す。グリーン左手前に杉の木立、ウォーターハザードが迫り、セカンドは右方向へ持っていくのがベストポジション。
IN コース ホール No.10 Par4/Back405y/Reg382y
インコースのスターティングホール。広いフェアウェイ、風格のある木立、ダイナミックな眺望の中にティーショットは豪快に攻めたい。セカンドショットは正確に。
IN コース ホール No.11 Par4/Back389y/Reg339y
グリーン手前36ヤード周辺にフェアウェイを横切るクリークあり。パーオンするためには、ティーグランドはきっちりと距離が欲しいホール。
IN コース ホール No.12 Par3/Back203y/Reg170y
グリーンをガードするバンカー、右手前に池、そして、その池に注ぐクリークなどプレーヤーの挑戦を待つ名物ショートホール。
IN コース ホール No.13 Par4/Back431y/Reg404y
ティーショットはゆったりとした打ちおろし。思い切って攻められるミドルコース。グリーン右手前に杉の木がありアイアンの選択に一計を要す。
IN コース ホール No.14 Par5/Back488y/Reg461y
グリーン手前170ヤード地点からの右ドックのロングホール。セカンドショットはグラスバンカーをさけるためにきちんとショットが欲しい。3段グリーンなのでピンポジションを確認のこと。
IN コース ホール No.15 Par4/Back430y/Reg409y
ダイナミックに拡がる眺めだがインコース随一の難関ホール。珍しくフェアウェイバンカーがなくティショットは豪快に攻めて欲しい。セカンドショットは足もとのライに注意せれたし。
IN コース ホール No.16 Par3/Back179y/Reg160y
フ広いグリーンのショートホール。グリーンをはずすと6個のバンカーが待っており、ハンディーキャップは18だがティーショットをミスるとやっかいなホール。
IN コース ホール No.17 Par5/Back549y/Reg523y
左右に連なる杉、檜の天然林、豪快に攻められるロングホール。フェアウェイをクロスするやっかいなバンカー、通称「サハラ砂漠」。セカンドショットはこのバンカーに要心のこと。
IN コース ホール No.18 Par4/Back406y/Reg374y
池面にクラブハウスが映り、フェアウェイの緑と白い砂が見事なコンビネーションを見せる美しい景観のファイナルホール。ティーショットでベストポジションをキープできなければ3オン狙いがよい。超難関アイランドグリーン。
霞ヶ浦カントリー倶楽部 施設ガイド
クラブハウス 駐車場より
クラブハフス コース側より
ラウンジ
メンバー専用ラウンジ
ロッカールーム
ドライビングレンジ
ドライビングレンジ
パッティンググリーン
パッティンググリーン
茶店
ハウス前より9番ホールを望む