ラウンドレポート
REPORT

千葉カントリークラブ 野田コース(千葉県) プレー日:2017年11月24日

バック
18H/P72/7058Y
レギュラー
18H/P72/6458Y
コースレート
チャンピオンティー 73.0 レギュラーティー 70.3
開場日 昭和 29年10月9日
会員数  正会員 3155名
 平日会員(月~土プレー可) 150名
 週日会員(月~金プレー可) 106名
    (平成29年11月現在)
経営会社 株式会社千葉カントリー倶楽部
プレースタイル キャディ付き乗用カート
アクセス 常磐自動車道・柏ICより9.5km(野田コース)、15km(川間コース)、7km(梅郷コース)
電車東武アーバンパークライン・清水公園駅下車
クラブバス清水公園駅より運行(野田コース行き) 5分
    7:00 7:20 7:40 8:00 8:20 8:40 9:00 9:20
お問い合わせ ≫お問い合わせフォームへ
千葉カントリークラブは野田コース(18ホール)・梅郷コース(18ホール)・川間コース(27ホール)と独立した3コースを利用できる株主会員制のゴルフ場です。
家族会員登録制度もあり、各自の用途に合わせたクラブライフが十分に味わえるコースです。

野田コース:平成27年ワングリーン化(007)・乗用カート導入
老若男女を問わずアベレージゴルファーからトッププロまで楽しめる変化に富んだ戦略性豊かな風格のある本格的林間コースを目指しています。

梅郷コース:平成14年ワングリーン化(A-1)
ゴルファーの挑戦意欲を満足させる日本屈指の本格的チャンピオンコースを目指しています。

川間コース:
四季折々の花木に彩られ、池と適度な起伏を持つ雄大なコースを目指しています。カート使用により幅広いゴルファーの要望に合理的料金と柔軟性を持ったスタート方法で応えます。

野田コース 開場日 昭和29年10月
      設計  藤田 欽哉
      昭和58年 日本アマチュア選手権開催
      昭和61年 日本女子アマチュア選手権開催
      平成15年 日本女子オープン開催
      平成30年 日本女子オープン開催予定

梅郷コース 開場日 昭和35年9月
      設計 安田 幸吉
      昭和37年 日本オープン選手権開催
      平成23年 ダイヤモンドカップ開催
      平成26年 日本オープン選手権開催
      平成28年 パナソニックオープン開催
      平成29年 パナソニックオープン開催

川間コース 開場日 昭和32年11月

提携コース   大浅間ゴルフクラブ 札幌ゴルフ倶楽部
          平日に限り会員に準ずる扱い

関東五倶楽部 府中カントリークラブ 武蔵カントリークラブ 相模原ゴルフクラブ 戸塚カントリー倶楽部
          平日相互利用


○家族会員制度
メンバーの2親等内親族
全日(日曜日は指定日あり)割引でプレー可能

現在、週日会員(土・日・祝日を除く平日に会員としてプレー可)を募集中です。
募集金額 男性:入会金250万円(税別)+入会預り金50万円(退会時返還)
     女性:入会金290万円(税別)+入会預り金50万円(退会時返還)
年会費  40,000円(税別)
推薦人  在籍5年以上の場合は正会員1名
     在籍5年未満の場合は正会員2名

入会ご検討の際は当社までお問合せ下さる様お願いします。

今回は野田コースの青ティからのプレーです。
ティマークが赤、白、青、黒、金と5つもあり、青ティはレギュラーティに相当するそうです。平成27年にワングリー化、乗用カート導入と大がかりな改修が行われました。
パーオン可能なホールはグリーン周りが厳しく、パーオンが難しいホールはグリーン手前が開けていて、川田氏の設計理念が感じられるレイアウトになっています。
平成30年に開催される日本女子オープンに向けて、松の剪定も行われ景観も良くなっています。ちょうど紅葉の時期でしたので、松林の中の落葉樹が美しく
しばしプレーを忘れて借景を見入ってしまいそうでした。
グリーンの仕上がりが素晴らしく、スティンプメータが10.5のスリリングなパッティングが楽しめました。
尚、グリーンの傾斜は梅郷コース3%、野田コース2%、川間コース1%にしてあります。
コースメンテナンスは最高でティインググランド、フェアウエイ、ラフ、林の中、バンカーと完璧です。
コースコンディションの維持管理に3コースのグリーンキーパーが定期的にプレー及び会議を開き、切磋琢磨して品質向上に努めています。

千葉カンのもう一つの魅力は練習場の設備です。
230ヤードのドライビングレンジは、夏場芝生の上から打てます。
アプローチの練習場は備付けボールを使用し、グリーン、バンカーはコース並みのクオリティを保っています。

クラブバスの本数が8本、コース迄5分と電車でのアクセスも良いので多くの方が利用しています。
プレー後、クラブハウスで仲間と一献を傾けるのも楽しみの一つ。
夕暮れのかぐわしさに満ちた野田の森に夕陽が沈むのを眺め、黄昏に郷愁を感じるのもクラブバスならではのこと。

野田コースのレストランは中華です。
運営を野田市愛宕駅近くの中華料理店幸楽に外注しています。
味・量ともに満足できます。

乗用カート導入にともない、クラブハウスからアウトコースに向かう際、公道を横断しますので陸橋を建設し、5番ホールと6番ホールを行き来するトンネル2本も建設しました。カート導入、ワングリーン化に伴い、多大な設備投資だと思います。

クラブ競技も盛んで、年間60競技もありアスリートゴルファーにとってはたまりません。

全てにおいてさすが千葉CCです。
ゴルファーにとっては最高の舞台。
プレーした者はこの様なコースのメンバーになりたいと思う事でしょう。

                                              プレーヤー 松江 圭一
HOLE123456789TOTAL
PAR43544453436
HOLE101112131415161718TOTAL
PAR45344443536
OUT コース ホール No.1 Par4/チャンピオン380y/レギュラー360y
ストレートなミドルホール。
左サイドはOBですので右サイドを狙いがちですが、行き過ぎると2本の松の木がスタイミーになります。
OUT コース ホール No.2 Par3/チャンピオン209y/レギュラー168y
グリーン手前が開けていますので、プレッシャーも無く打てます。
左右のバンカーに注意
OUT コース ホール No.3 Par5/チャンピオン542y/レギュラー502y
ティーショットの落としどころ右サイドに大きなバンカーが待ち受けています。
アゴの高さもあり要注意。
グリーン手前は左右にバンカーが待ち受けています。
OUT コース ホール No.4 Par4/チャンピオン426y/レギュラー386y
ストレートなミドルホール。
ティーショットは右サイドのバンカーに注意。
OUT コース ホール No.5 Par4/チャンピオン461y/レギュラー412y
強烈な左にドッグレッグしているミドルホール。
ティインググランドの位置、飛距離によって狙いどころが全く違ってきます。
飛ばし屋は正面の林に入りがちで、ティインググランドの位置が前方ですとショートカットの誘惑に駆られます。
OUT コース ホール No.6 Par4/チャンピオン361y/レギュラー345y
距離が短めのミドルホール。
左サイドはOB。
右サイドのバンカーとフェアウエイ中央の松の木を避けて攻めたい。
セカンドショットはショートアイアンでOK。
OUT コース ホール No.7 Par5/チャンピオン538y/レギュラー524y
左にドッグレッグしたロングホール。
左サイドはOB。
ティーショットは左サイドのバンカーを避けて、フェアウエイ中央から右寄りで攻めたい。
OUT コース ホール No.8 Par3/チャンピオン210y/レギュラー173y
距離のあるショートホール。
チャンピオンティーからですと左手前の池がプレッシャーになります。
グリーンは右から左に急傾斜しています。
OUT コース ホール No.9 Par4/チャンピオン388y/レギュラー347y
右にドッグレッグしたミドルホール。
ティイングランド、飛距離によって選択するクラブ、狙いどころが違ってきます。
正面の林に注意。
グリーンは砲台、手前の深いバンカーが目につきます。

IN コース ホール No.10 Par4/チャンピオン435y/レギュラー400y
ストレートなミドルホール。
左サイドはOBですが、プレッシャーなくティーショットを打てます。
但し、左サイドのバンカーに注意。
IN コース ホール No.11 Par5/チャンピオン566y/レギュラー526y
緩やかに右にカーブしたロングホール。
左サイドはグリーンまでOBが続きます。
ティインググランドに立ちますとフェアウエイ右サイドから中央まである大きなバンカーが目につきます。
IN コース ホール No.12 Par3/チャンピオン183y/レギュラー164y
グリーン両サイドにバンカーが待ち構えていますが、花道が大きく開いていますので、手前から攻めるのが正解。
グリーンは若干砲台になっています。
IN コース ホール No.13 Par4/チャンピオン362y/レギュラー346y
左にドッグレッグした短めなミドルホール。
左の曲がり角に捕まりやすいバンカーがあります。
IN コース ホール No.14 Par4/チャンピオン425y/レギュラー380y
わずかに左にカーブしたミドルホール。
グリーン右手前はハザードが無いので、右から攻めて行きたい。
IN コース ホール No.15 Par4/チャンピオン393y/レギュラー357y
左にドッグレッグしたミドルホール。
3ホール連続の左ドッグです。
セカンドショットから正面にクラブハウスが見えます。
IN コース ホール No.16 Par4/チャンピオン451y/レギュラー411y
右にドッグレッグしたミドルホール。
右角に池があります。
チャンピオンティからは池を避けて左サイド狙い。
レギュラーティからは池越えも。
フェアウエイは池に向かって右傾斜、グリーンは砲台になっています。
IN コース ホール No.17 Par3/チャンピオン214y/レギュラー176y
グリーン手前の左右にバンカーがありますが、花道が広く開いています。
IN コース ホール No.18 Par5/チャンピオン514y/レギュラー481y
ティインググランドに立つと正面の大きな樹が目につきます。
セカンドショット以降は右、左と池が待ち受けています。
グリーンは右から左へ強烈な傾斜があります。

千葉カントリークラブ 施設ガイド
クラブハウス 駐車場より
クラブハフス コース側より
クラブハウス 16番ティより
ラウンジ
テラス
テラスからの眺望 練習グリーンを望む
テラスからの眺望 インコース16、18番を望む
ドライビングレンジ 230ヤード 22打席
ドライビングレンジ 
アプローチ練習場 備付けのボールを使用
アプローチ練習場 
アプローチ練習場 バンカー
パティンググリーン アウトコース
パティンググリーン インコース
本日のグリーン
陸橋 陸橋を渡りアウトコースへ
ロッカールーム
ロッカールーム
駐車場
駐車場
半焼きそばと餃子 味、量とも満足です
スコアカード ピンクのカードは女性専用
スコアカード ピンクのカードは女性専用