検証テスト
TEST
ニュース年月
年月

エーデルワイスGCと鶴ヶ島GC(埼玉)会員相互利用クラブに 2017年08月28日

 エーデルワイスゴルフクラブと鶴ヶ島ゴルフクラブは、業務提携により会員相互利用クラブとなる。
 ㈱エーデルワイスゴルフクラブによると、鶴ヶ島GCの土地・建物を買収してコース改造に取り組んでいるオリムピックナショナルゴルフクラブ㈱とパートナーシップを確立することになり、10月5日からエーデルワイスはオリムピックナショナルゴルフクラブEAST、鶴ヶ島はオリムピックナショナルゴルフクラブWESTと名称を変更、それぞれの会員は45ホールが利用可能となる。
 鶴ヶ島GCは西コースを閉鎖し改修工事を行っているが10月には工事終了となり利用できる。東と南コースも1年ずつ閉鎖して改修する計画。27ホール全改修後のプレオープンは2020年春の予定。
 両クラブを相互利用とする理由は、会員数の多かった鶴ヶ島GCも会員の高齢化とともにアクティブメンバーが1000名台に減っており、将来を見据えた施策という。両クラブとも名義書換は停止中で、新クラブ名で会員募集するかは未定。会員の預託金は従来の会社がそのまま管理、両ゴルフ場運営をオリムピックナショナルゴルフクラブ㈱が行う方針。鶴ヶ島GCを買収した会社はエーデルワイスやオリムピックGCなどゴルフ場の他、パチンコ機器関連のコスモ・イーシー㈱やマミヤOP、キャスコなどと同じグループ。
 なお、鶴ヶ島GCは東洋国際空港GCと業務提携し、全員がメンバーフィで相互利用できる契約を結んでおり、今のところ解除されていない。

エーデルワイスゴルフクラブ鶴ヶ島ゴルフ倶楽部

太平洋クラブが追加一次募集を再開 2017年08月04日

 ㈱太平洋クラブは新規会員募集再開を発表。同クラブは平成27年1月から29年2月までの新規会員募集(1次)で1800口のうち1534口販売。今年3月から9月までの予定で名義書換を再開した。今回は1次募集の残り枠266口を募集する。
 新規会員募集(追加1次募集、税別)は今年8月から12月までで縁故価格で行う。例えば太平洋クラブのパーソナル(個人)360万円、コーポレート(法人)450万円、太平洋クラブアソシエイツのパーソナル220万円、コーポレート270万円、太平洋クラブ関西エリアのパーソナル180万円、コーポレート230万円は1次募集金額と同じだが追加1次募集では販売価格の10%相当のTCカードを進呈する。また、10月から12月末まではそれぞれ正会員募集を1次の10%割引とし、太平洋クラブが600万円を540万円、アソシエイツが360万円を324万円、関西エリアが300万円を270万円で販売する。年会費は太平洋クラブ36000円、アソシエイツ・関西エリアが24000円。
 各正会員3口購入で15%、4口購入で20%割引、パーソナル・コーポレートはTCカード進呈の「複数購入割引制度」、新規会員紹介の会員に10万円のTCカード進呈する「特別会員紹介キャンペーン」、2親等以内の親族に20%割引ないしTCカードを進呈の「家族割引制度」がある。平成30年1月より2次募集を行い太平洋クラブ正会員は630万円で募集の予定。 
 

太平洋クラブ太平洋アソシエイツ