検証テスト
TEST
ニュース年月
年月

麻生CC(茨城)、ゴルフ場事業をアコーディアに譲渡、現会員に預託金を全額返還 2018年02月05日

㈱アコーディア・ゴルフは1月31日、麻生カントリークラブの保有会社である麻生観光開発㈱との間で株式譲渡契約を1月15日付で締結したと発表。株式引渡しは3月30日、アコーディアでは今年中に同クラブをリニューアルオープンする予定という。
アコーディアによると麻生CCは、現在延伸工事を行っている東関東自動車道の麻生IC(仮称)がゴルフ場から3キロに開設予定であるため今後アクセスの大幅な改善が見込めるとしている。また、アコーディアグループのセントラルGC、同GCNEWコース近隣に位置し、それぞれ趣の異なるレイアウトとなっていることから多種多様な要望に応えられるゴルフ環境を提供できるとしている。今後は同社ブランドのアコーディア・ゴルフを冠に「ACCORDIA GOLF ポイントプログラム」を活用することで千葉・東京からの集客力向上が期待できるという。
一方、麻生観光開発㈱の親会社、総合商社・兼松㈱も麻生CCのゴルフ場運営事業を新設分割の上、分割会社の全株式をアコーディアに譲渡すると発表。会員には預託金全額の返還、プレー権継続を希望する会員はプレー会員権で承継される。なお、名義書換受付は停止。

麻生カントリークラブ