ゴルフ会員権相場
MARKET

PGM総成ゴルフクラブ

お見積り 購入依頼 売却依頼 お問い合わせ お天気 地図 ニュース HP


基本情報
コース所在地 千葉県成田市西和泉729
電話番号 0476−36−1556
予約電話番号
経営会社名 総成ゴルフ株式会社 
経営会社住所 東京都台東区東上野1-14-7 アイエムタワー(PGM内)
経営情報 2011/11/11民事再生法
2012/12/17終結決定

日本土地建物㈱及び㈱レイクウッドコーポレーションが㈱レイクウッド総成の全株式をPGMへ譲渡。
2019年2月1日より保有会社は総成ゴルフ㈱へ商号変更、運営はPGM。
ゴルフ場名はレイクウッド総成カントリークラブ→PGM総成ゴルフクラブへ変更。
コース詳細 ※2019年12月12日 「Bridgestone Golf ドリームフェスタ2019」開催
  9/20~10/15まで参加者募集中

※2019年7月1日より名義書換料・登録者変更料を改定
名義書換料(税別)
・一般
   正会員   1,000,000円
   平日会員   500,000円
・相続(譲渡人の相続人が入会)
   正会員    500,000円
   平日会員   200,000円
・三親等内親族間(譲渡人の三親等内の親族の入会)
   正会員    500,000円
   平日会員   200,000円
同一法人内登録者変更料(税別)
   正会員    500,000円
   平日会員   200,000円
*上記変更料の支払い方法に預託金充当制度を導入(2019/7/1~)

※有期正会員の期間満了時における更新料を設定
有期正会員更新料(税別)
   有期正会員  1,000,000円

※名義書換減額キャンペーン終了につき改定(2019年4月1日~)
名義書換料(税別)
  正会員   1,000,000円 → 2,000,000円
  平日会員   500,000円 → 1,000,000円


※有期正会員募集(2016/4~)・・・・2018/7/11 定員に達したため終了しました。
    募集金額(税別)
    個人                  1,000,000円 (すべて入会金)   
    法人(1登録者あたり)       1,000,000円 8名(その場合の金額は8,000,000円)
  定員   個人・法人合わせて200名
ホール数 27H   P108   9983Y
設計者 和泉 一介/間野 貞吉
加盟団体 JGA・KGA
コースレート 71.6
開場日 昭和39年11月25日
会員名簿 平成 9年度
会員数 正会員952 名  平日会員100名
定休日 毎週月曜日,12月31日・1月1日
練習場 150Y 15打席  アプローチ・バンカー
宿泊施設 なし
系列コース PGMグループ
アクセス 東関東自動車道・成田ICより5km
電車JR成田線・日本橋~成田駅下車 81~85分(東京~成田駅 65~82分)/京成電鉄・京成成田駅下車
クラブバスJR成田駅東口より運行  10~15分  土日祝 6:40 7:30 8:20 8:55
                           平 日 6:55 7:30 8:20 8:55
コース概要 丘陵地帯にあるが、コース内の高低差は少なく、むしろ林間の趣をもつ。フェアウエイは広いがラフはややきつい。

総成CC
☆1981年 第14回日本女子オープン  優勝 大迫たつ子


備考
会員情報
正会員 平日会員(土曜日利用可能) 平日会員(土曜日利用不可)
名義書換料 (万円・税別) 100 50
入会預託金 (万円) 0 0 0
年会費 (万円・税別) 4.5 0 1.5
入会条件 ・年齢:満25歳以上の日本国籍者(正平とも)
・外国籍入会:不可
・入会審査の上で会社及び理事会の承認を得た方
・健全な社会人であること
・紹介者:理事1名、正会員1名(紹介者がいない場合は倶楽部に相談)
・原則としてJGA加盟クラブの在籍者(ない場合、倶楽部に相談)
・女性入会:定員200名(定員内であれば男性→女性の書換可。都度、倶楽部に照会)
・法人⇔個人
証券サンプル・会報等
地図
PGM総成ゴルフクラブ

ゴルフ関連NEWS

ブリヂストンスポーツ、ドリームフェスタ2019を開催 2019年09月20日

ブリヂストンスポーツ㈱は、PGM総成ゴルフクラブで「Bridgestone golf ドリームフェスタ2019」を12月12日に開催。9月20日から10月15日まで参加者を募集。
今年で5回目の開催で、宮里藍、アン・シネ、宮本勝正ほかブリヂストンスポーツと契約するプロ約30名が参加、9ホールのラウンド(数ホールはプロと一緒に)、プロによるレッスン、懇親パーティなど、プロと1日中楽しめるイベントを予定。
今年は参加チケット、パッケージツアーの購入権の応募選考を行うため、参加希望者は指定の応募フォーマットに記入し応募。参加料金は税込で、チケットが1人1枚10万円、パッケージツアー(2名1室利用時、1人)は伊丹発が15万3000円、福岡発が16万6000円。
応募条件は、ゴルフコースでプレー経験があり安全に楽しくプレーできる、ゴルフプレーに関わる用品を用意できる、ドリームフェスタ参加チケット・パッケージツアー購入権応募にあたっての同意事項を承認できるなどすべてを満たす方。
当選者はメールが送信されたら期日までに購入手続きを済ませる。

PGM総成ゴルフクラブ

PGM総成GC(千葉)名義書換料改定 2019年06月13日

PGM総成ゴルフクラブは、2019年7月1日より名義書換料・登録者変更料を改定。同時に、変更料の支払い方法にかかる預託金充当制度を導入する。
また、有期正会員の期間満了時における更新料も設定、税別で1,000,000円。

名義書換料(税別)
・一般
   正会員   1,000,000円
   平日会員   500,000円
・相続(譲渡人の相続人が入会)
   正会員    500,000円
   平日会員   200,000円
・三親等内親族間(譲渡人の三親等内の親族の入会)
   正会員    500,000円
   平日会員   200,000円
同一法人内登録者変更料(税別)
   正会員    500,000円
   平日会員   200,000円

PGM総成ゴルフクラブ

PGM総成GC(千葉)名義書換料改定 2019年03月29日

PGM総成ゴルフクラブは、3月31日で名義書換料減額キャンペーンが終了、2019年4月1日より名義書換料を改定する。

名義書換料(税別)
  正会員   1,000,000円 → 2,000,000円
  平日会員   500,000円 → 1,000,000円

PGM総成ゴルフクラブ

レイクウッド総成CCと大多喜CC(千葉)PGMグループ入りで名称変更 2018年12月21日

パシフィックゴルフマネージメント㈱は、新規取得した「レイクウッド総成カントリークラブ」と「レイクウッド大多喜カントリークラブ」について、2019年2月1日よりそれぞれゴルフ場の名称を「PGM総成ゴルフクラブ」「大多喜カントリークラブ」に変更してPGMが運営を開始すると発表。
日本土地建物㈱及び㈱レイクウッドコーポレーションより㈱レイクウッド総成の全株式、㈱レイクウッドコーポレーションより㈱レイクウッド大多喜の全株式を譲り受ける株式譲渡契約を締結。ゴルフ場保有会社はそれぞれ「総成ゴルフ㈱」「千葉大多喜ゴルフ㈱」へ商号を変更、運営はPGM。
PGM総成カントリークラブは、ハイグレードゴルフ場ブランド「GRAND PGM(グランPGM)」の12ヶ所目のコースとして展開予定でPGMの名を冠にしてグループを代表するコースという位置付けで運営していく。
新しくグループに入る2コースは、PGMの運営開始と同時に、PGMの親会社㈱平和発行の株主優待割引券やPGMメンバー特典プログラム「PーCAP」また「Tカード」も利用出来るようになる。

大多喜カントリークラブPGM総成ゴルフクラブ

PGMが買収した2コースの業績を平和が開示 2018年11月12日

 パシフィックゴルフマネージメント㈱と日本土地建物㈱系列2社、2コースが売買契約を締結した11月6日付けで、PGMの親会社の㈱平和が株式取得と資産に関する情報を開示。同社ではゴルフ場の保有・運営を行うゴルフ場事業において、事業拡大のため説教区的にゴルフ場の買収を行っていると改めて表明。
 レイクウッド総成CCを所有・運営する㈱レイクウッド総成は2012年6月29日設立で資本金8000万円。株主比率は㈱レイクウッドコーポレーション55.0%、日本土地建物㈱45.0%。業績は2017年10月期の純資産11億2700万円、総資産22億600万円、売上高9億2800万円、営業利益4400万円、経常利益5400万円。
 レイクウッド大多喜CCを所有・運営する㈱レイクウッド大多喜は2011年5月10日設立で資本金1億円。株主比率は㈱レイクウッドコーポレーション100%。業績は2017年10月期の純資産21億3000万円、総資産24億6800万円、売上高6億900万円、営業利益5500万円、経常利益5700万円。PGMによる株式取得は発行済株式の全部を取得することで連結子会社化する。
 レイクウッドグループのゴルフ場は2コースがヶ入れるから離れることで4コース(レイクウッドCC、平塚富士見CC、レイクウッドGCサンパーク明野C、レイクウッドGC富岡C)となる。

大多喜カントリークラブPGM総成ゴルフクラブ

PGM、レイクウッド系の2コースと株式譲渡契約を 2018年11月09日

パシフィックゴルフマネージメント㈱は日本土地建物㈱及び㈱レイクウッドコーポレーションより、レイクウッド総成カントリークラブを所有・運営する㈱レイクウッド総成の全株式、㈱レイクウッドコーポレーションより、レイクウッド大多喜カントリークラブを所有・運営する㈱レイクウッド大多喜の全株式を譲り受ける株式譲渡契約を11月6日に締結した。
2社2コースは来年2月1日よりPGMの所有になり、PGMはゴルフ場名を変更して運営を開始する。
レイクウッド総成CCは平成24年より日本土地建物㈱及び㈱レイクウッドコーポレーションの系列となり現名称に。今年7月に有期正会員募集が終了。
レイクウッド大多喜CCは平成23年に㈱レイクウッドコーポレーショングループとなり現名称で再出発していた。
㈱レイクウッドコーポレーションでは、2コースの会員には会社株式契約のため会員の預託金、プレー権はそのまま継承されると通知する。

大多喜カントリークラブPGM総成ゴルフクラブ

レイクウッド総成CC(千葉)正会員募集終了 2018年08月06日

レイクウッド総成カントリークラブは、有機会員募集を平成28年4月から行っていたが、7月11日付で入会者が200名に達し募集を終了したという。
有期正会員の募集は、税別で個人100万円、法人1登録者あたり100万円で8名まで登録可能だった。募集人数は個人・法人合わせて200名。有期正会員の資格期間は登録より10年間で、通常の正会員同様に優先的施設利用権等がある。年会費も同じ。

PGM総成ゴルフクラブ

レイクウッド総成CC(千葉)有期正会員募集開始 2016年04月06日

 レイクウッド総成カントリークラブは有期正会員の募集を4月1日より開始。 募集金額は税別で個人が100万円(入会金のみ)、法人が1登録者あたり100万円で8名まで登録可能。募集人数は個人・法人合わせて200名。有期正会員は登録より10年間、通常の正会員と同様に優先的施設利用権があり、クラブ主催のすべての競技会に参加する資格を有する。会員権の譲渡は不可、更新は可能(更新料は別途設定)。入会条件は、25歳以上で原則JGA加盟のクラブ会員、健全な社会人で理事1名・正会員1名の紹介があることなど。 現会員数が正会員900名弱、平日会員100名弱と少ないことから募集をするという。さらに4月1日から平成30年3月31日までの2年間、名義書換料の減額キャンペーンを実施する。一般譲渡で正会員200万円が100万円、平日会員100万円が50万円となる。

PGM総成ゴルフクラブ

レイクウッド総成CC(千葉)民事再生手続終結 2012年12月26日

レイクウッド総成カントリークラブは12月18日より名義書換再開。書換料は正会員210万円、平日会員105万円、正会員の相続・生前贈与と平日会員の相続は52万5000円、平日会員の生前贈与は21万円、同一法人内記名者変更は正平共52万5000円。 入会条件は30歳以上、原則JGA加盟クラブ会員、理事2名(原則)・正会員1名の紹介など。

PGM総成ゴルフクラブ

総成CC(千葉)再生計画案可決 2012年05月25日

総成CC経営で民事再生中のセントラルビル(株)の債権者集会が開かれ、スポンサー型の再生計画案が賛成多数で可決、横浜地裁より許可決定を受けた。(株)レイクウッドコーポレーションをスポンサーに迎え再建する。 セントラルビルの会社分割で設立する新会社、(株)レイクウッド総成がゴルフ場事業や資産を承継、新会社の株式をレイクウッドが取得する。ゴルフ場名はレイクウッド総成CCに変更。 会員等に関する再生条件は、退会会員には預託金額の18.8%を認可決定確定日の6か月後までに一括弁済。継続会員には18.8%を新預託金とした新証券を発行。記名3名、2名記名の会員権は3〜2分割して1名記名にする。

PGM総成ゴルフクラブ

総成CC(千葉)スポンサーはレイクウッド 2012年04月20日

総成カントリー倶楽部を経営のセントラルビル(株)はスポンサー型の再生計画案を会員等の債権者に配布。 計画案によると不動産業でみずほグループ関連企業の日本土地建物(株)と、同建物の子会社の(株)レイクウッドコーポレーションをスポンサーとして再建を図る。セントラルビル(株)は会社分割で設立する新会社(株)レイクウッド総成にゴルフ場事業や資産を承継させ、新会社の株式をスポンサーが取得するとともに再建の資金として総額11億5000万円を新会社に拠出する。ゴルフ場名はレイクウッド総成カントリークラブにする。 会員等に関する再生条件は、退会を届け出た会員には預託金額の18.8%を一括弁済。継続会員には18.8%を新預託金とした新証券を順次発行。また、預託金5300万円(記名3名)、4300万円(3名)、2800万円(2名)は3〜2分割し、1名記名にする。確定再生債権者総数は858名、再生債権総額は61億1164万円余りとなっている。

PGM総成ゴルフクラブ

総成CC(千葉)債権者への説明会を開催 2011年11月28日

総成CCの経営会社で民事再生法を申請したセントラルビル(株)は債権者向けの説明会を開催。再生法の申請理由、経緯、再生計画案の骨子、今後のスケジュールなどを説明。 申請理由は売上の低迷や預託金の償還請求増加などをあげた。計画案骨子はゴルフ場事業を(株)レイクウッドコーポレーショングループに譲渡、その代金を弁済資金に当てると説明。 負債総額は、9月30日現在、62億8198万円余、2億563万円余の債務超過となっている。弁済率については検討中としたが、退会者へは一括弁済、継続会員は弁済額が新預託金となるという。

PGM総成ゴルフクラブ

総成CC(千葉)経営会社が民事再生法申請 2011年11月18日

総成カントリー倶楽部経営のセントラルビル(株)は11月11日に民事再生法を申請した。 同社では、これまで新規会員募集や資産処分等で預託金の償還請求に対応してきたリーマンショック以来の景気の低迷、東日本大震災の影響で入場者数が激減、預託金の償還請求に対応できなくなったため会員のプレー権の確保を目的に民事再生法に基づく再建の道を選択したとしている。スポンサー型の再建を見込んでおり、不動産業でみずほグループ関連企業の日本土地建物(株)の子会社の(株)レイクウッドコーポレーション(首都圏で5コース運営)に同社の事業を譲渡することで合意している。 負債額は大半が会員の預託金で約63億円。

PGM総成ゴルフクラブ

TOP