ゴルフ会員権相場
MARKET

金乃台カントリークラブ
中心相場:10025

お見積り 購入依頼 売却依頼 お問い合わせ お天気 地図 ニュース HP


基本情報
コース所在地 茨城県牛久市柏田町3432
電話番号 029−872−0182
予約電話番号
経営会社名 日鉄日新ビジネスサービス株式会社 03-3553-8511 
経営会社住所 東京都中央区八重洲4−11−5
経営情報  2021年7月1日より名義書換再開
  名義書換料  正会員    1,100,000(税込)
         平日会員    550,000(税込)
   ※2013年より実施していた名義書換料半額キャンペーンは終了。

 2020年10月2日
  現在、経営方針を検討しており、当面の間会員権の名義書換手続きを停止する。

 2019年4月1日
  経営会社商号変更
  新和企業株式会社 → 日鉄日新ビジネスサービス株式会社  
コース詳細 ※名義書換停止
   2020年(令和2年)10月2日~当面の間
ホール数 18H   P71   6433Y
設計者 陳 清水
加盟団体 JGA・KGA
コースレート 70.4
開場日 昭和 39年
会員名簿 平成25年5月
会員数 1309 名
定休日 毎月第1・3月曜日,12月31日・1月1日
練習場 50Y 10打席  アプローチ・バンカー
宿泊施設 紹介あり
系列コース
アクセス 圏央道・牛久阿見ICより4km、つくば牛久ICより8km
電車JR常磐線・牛久駅下車
クラブバス牛久駅より運行 全日7:30 8:00 8:30 8:55 9:10    土日祝のみ7:05 9:30増発
コース概要 松や杉に囲まれた林間コース。フラットで適度な幅広さをもっているが、全体に距離が短いため、ドライバーショットでフェアウエイをキープすればまずまずのスコアが保証されよう。

≫ラウンドレポートを見る
備考
お客様の声

2019年11月 60台男性 牛久市在住 在籍5年

車からゴルフバックを下してもらう時、モーフをちょっとひいてくれて、おろしてくれるゴルフ場が
あります。いいところを利用してはどうでしょうか?
高級車をもっている人は、キズにならない用にしてくれると嬉しいと思います。
それって”おもてなし”ではないですか?

会員情報
正会員 平日会員(土曜日利用可能) 平日会員(土曜日利用不可)
名義書換料 (万円・税込) 110 55
入会預託金 (万円) 0 0 0
年会費 (万円・税込) 5.5 2.75 0
入会条件 ・年齢25歳以上の日本国籍者
・外国籍入会:不可
・紹介者:正会員1名(在籍5年以上)
・JGA加盟の他クラブ在籍者※在籍していない場合は、在籍5年以上の正会員2名の推薦が必要
・女性入会:女性名義から
・法人2→個人2
証券サンプル等
地図
金乃台カントリークラブ

ゴルフ関連NEWS

金乃台CC(茨城)㈱太平洋クラブへ事業譲渡 2021年04月12日

金乃台カントリークラブを経営する日鉄日新ビジネスサービス㈱は、子会社である㈱金乃台が運営する金乃台CCに関するゴルフ事業を、㈱太平洋クラブに譲渡すると発表。
1964年開場の金乃台CCは近年、ゴルフプレー人口の減少に伴う来場者数の減少など厳しいゴルフ場経営が続く中、継続発展させていくには安定的な事業者に経営をゆだねることが最善策と考え事業譲渡を検討した結果、㈱太平洋クラブへの事業譲渡を決定。

2021年(令和3年)3月29日  株式譲渡契約締結
2021年(令和3年)3月30日  公表
2021年(令和3年)5月 1日  ゴルフ事業譲渡完了
               株式会社太平洋クラブの下での運営開始(予定) 

㈱太平洋クラブは経営権取得に対し、金乃台CCの歴史と伝統、立地条件や良質なコース、会員を大切にする健全な営業方針などに価値観を感じ交渉を進め、双方の合意に至ったと発表。
経営は㈱太平洋クラブが行うが、太平洋クラブの共通会員制の枠組みとは別に独立して運営するという新しい取り組みとなり、公約としている国内保有20コースには加算されない。    

金乃台カントリークラブ

金乃台CC(茨城)当面名義書換停止 2020年10月02日

金乃台カントリークラブを経営する日鉄日新ビジネスサービス㈱は、経営方針の検討のため10月2日より当面の間、名義書き換えを停止すると明らかにした。

2019年4月1日に新日鐡住金㈱が日本製鉄㈱に商号変更した関係で、親会社の日新製鋼㈱が日鉄日新製鋼㈱に、同社も新和企業㈱から現名称に変更。
つまり、日本製鉄㈱が親会社にあたり「選択と集中」から合併した子会社の事業譲渡先を絞り込むということに会員が反発、粉砕したようだ。
会員でもある会員権取引業者は「法的整理で破綻した会社でもなく、会員に知らせず事業譲渡先を決めるのはどうなのか。財務状況は悪くないはずで会員中心の運営が守れるよう会員が経営を引き受けることも考えられる」とはなし、事業継承先や今後の運営方針については会員に説明するよう求めているという。

金乃台カントリークラブ

金乃台CC、コウライグリーンのベント化工事 2005年07月04日

昨年、開場40周年を迎え、その記念としてリニューアル事業を行っている金乃台カントリークラブ(18H 茨城)は、グリーンの改造を行っており、今年10年には2ベントグリーンに一新する。今年に入り、女性のパウダールームも一新した。

金乃台カントリークラブ

TOP