ゴルフ会員権相場
MARKET

土浦カントリー倶楽部

お見積り 購入依頼 売却依頼 お問い合わせ お天気 地図 HP
基本情報
コース所在地 茨城県稲敷市堀之内419
電話番号 029−894−2311
予約電話番号
経営会社名 アコーディア・ゴルフ・アセット合同会社 
経営会社住所 東京都品川区東品川4-12-4  品川シーサイドパークタワー
経営情報
ホール数 27H   P108   10125Y
設計者 陳 清水
加盟団体 JGA・KGA
コースレート 70.1
開場日 昭和 37年
会員名簿 平成 3年度
会員数 5023 名
定休日 無休
練習場 180Y 14打席
宿泊施設 なし
系列コース アコーディア・ゴルフグループゴルフ場
アクセス 圏央道・稲敷ICより6km、稲敷東ICより5km/常磐自動車道・桜土浦ICより25km
電車JR常磐線・取手駅下車
クラブバス取手駅から運行
コース詳細 東コース・松林に囲まれた林間コース。左右に傾斜しているホールがあり、左右に打ち分ける正確さを要求される。西コース・距離は短めだが、トリッキー。グリーンは全体にゆったりとしていてショットが正確なら好スコアも期待できる。南コース・視野が広く、景観も美しい。適度な起伏があり、各ホールにバラエティがあって楽しめる。
会員情報
正会員 平日会員(土曜日利用可能) 平日会員(土曜日利用不可)
名義書換料 (万円・税別) 30 20 10
入会預託金 (万円) 0 0 0
年会費 (万円・税別) 3.5 2.5 2
入会条件 ・推薦保証人:在籍1年以上の会員1名(実印捺印) 保証人がいない場合は支配人(理事)面接にて対応・同クラブ又は他クラブで除名
・資格停止等の処分を受けた者、暴力団他反社会的団体の構成員・準構成員又は関係者、入墨のある者、銀行取引停止中・破産申立中・破産宣告を受け復権していない者、禁固以上の有罪判決を受けた者、成年被後見人・被保佐人の審判を受け取り消しを得ていない者、クラブの品位を傷つけ名誉を毀損し秩序を乱す恐れのある者、そのほかクラブの円滑な運営に支障があると認められた者は入会不可
・女性入会:可
・外国籍入会:可
・法人⇔個人
・面接有
・再入会:退会後5年間は不可
証券サンプル
地図
土浦カントリー倶楽部
314 9725

ワンウェイGC(茨城)2019年施行の新ルール先取り 2018年10月24日

ワンウェイゴルフ倶楽部は2019年に施行される新ルールを先取りし、10月14日の月例競技の日曜杯からJGAで発表の新ルールの27項目をローカルルールに採用、同日以降の一般営業日でも新ルールで営業。
同ゴルフ場は日本では珍しいワンウェイスタイルプレー方式を採用、その上4時間以内でのラウンドを提供することをコンセプトとしていることから、プレーファストを目的とした新ルールを先取り。土・日祝日の混雑時はプレー時間が5時間を越えることもあったが、新ルールの試行錯誤で4時間以内のプレーを目指したいとしている。
ちなみに27項目目は「2019年1月1日ゴルフのルールが変わります」と題されたページで、プレーヤーの行動、コースの名称からはじまり、プレーヤーがよく使う主な規則の解説となっている。

9733

スーパーGCC益子コース(栃木)ゴルフ場営業を12月31日で終了 2018年10月22日

スーパーゴルフカントリー倶楽部益子コースは、今後の経営環境を見据え営業継続は困難と判断、12月31日でゴルフ場営業を終了する。顧客に閉鎖の案内とお礼を兼ねたお得な料金プランを案内したところ、閉鎖を惜しむ声が多数寄せられているという。
会員は大半が預託金のないプレー会員権で閉鎖決定に伴い近隣のゴルフ場に移籍を紹介している。
同ゴルフ場は、平成10年12月に一貝CCとして開場。開場から8年目にクラブハウスが完成するなど難産だったゴルフ場で、開発に関わった会社も和議申請や破産するなど混乱が続いたが、平成17年からスーパーゴルフ㈱が新しい経営会社となって現名称となり、㈱デイリー社グループで運営してきた。
今年6月より正会員の募集金額を引き上げ、新規入会者の年会費の引き上げ措置を発表し倶楽部の充実化を目指していた。
ゴルフ場の営業終了とともに宿泊施設のドームハウス5棟の営業も終了する。

スーパーゴルフカントリー倶楽部益子コース
9734

JGAが11月12日に「2019年ゴルフ規則書」を発売 2018年10月12日

公益財団法人・日本ゴルフ協会は「2019年ゴルフ規則書 日本語版」(1400円+税)とコンパクトなプレーヤーズ版ゴルフ規則(600+税)を11月12日からJGAや書店等で販売開始。
R&AとUSGAが規則の近代化のため2019年1月から適用するもので、R&Aでは英語での電子版のほかに無料アプリでも提供している。JGAではホームページで日本語案を公開していたが、電子版は年明けの予定。
またJGAでは現行の規則の裁定集に代わる「ゴルフ規則のオフィシャルガイド」の日本語訳(初稿)をホームページに掲載した。同ガイドは、倶楽部や競技会の運営者向けガイドブックで、ゴルフ規則の解釈・委員会の措置・ローカルルールひな型・障害を持つプレーヤーのためのゴルフ規則の修正からなり、年内に発行の予定。今回は取り急ぎローカルルールひな型の日本語訳を掲載したとし、内容や解釈の変更はないが表現が修正される可能性はあるとしている。
今回のローカルルールひな型では、アウトオブバウンズとコースの境界・ペナルティーエリアなど12項目からなり、最後の認められないローカルルールでは「委員会はゴルフ規則に基づきコースや競技会の特定のニーズに適うようにローカルルールを採用する重要な権限を有しているが委員会が施行するために選ぶローカルルールはセクション8.ローカルルールひな型に示されている方針と一致していなければならない」などとなっている。
大きく変わるのは用語の変更の他に、ドロップの一など簡易にした措置だが、日本のゴルフ場にとっては特有の「前進4打」が採用されなかったことで規則に合致するためには修正が必要。新規則ではペナルティーエリアや暫定球の措置で、日本でも一部採用されている1ペナ杭と同じようなローカルルールを採用できる。
国内のゴルフ場では既に新ローカルルールを先取りしているコースもあり、いろいろな運用ケースが出てきそう。

2019年規則日本語案はこちらから≫

9538

日光CC(栃木)法人正会員を募集(募集金額399.6万円) 2018年10月10日

一般社団法人日光カンツリー倶楽部は11月1日より、2020年プロゴルフ選手権開催を記念した法人正会員を募集。通常の名義書換は停止しない。1名記名式で募集価格は税込で399万6000円(2株式取得代183万6000円、入会金216万円)。定員は20口の予定。会員の紹介が必要。
法人会員は同倶楽部創立以来久々の募集で、自社保有の株券を充てる。
なお、2020年の日本プロゴルフ開催に向け、ティグラウンド増設等改修工事の予定。

日光カンツリー倶楽部
9595

ニュー南総GC(千葉)名義書換を11月1日より再開 2018年10月05日

アコーディアグループのニュー南総ゴルフ倶楽部は名義書換を11月1日より再開する。
名義書換料は税別で、正会員50万円、特別平日無記名会員(月~金、日曜日可)30万円、平日無記名会員(月~金可)20万円。
トランスファー制度、家族入会割引、シルバーステイタス割引、新グランドステータス制度は適用対象外。

ニュー南総ゴルフ倶楽部
9596

㈱太平洋クラブが期間限定で神宮外苑G練習場にショップを出店 2018年10月05日

㈱太平洋クラブは、明治神宮外苑ゴルフ練習場内に2019年12月末までの期間限定でオリジナルプロショップブランド“Select The Club”を10月1日にオープン。都内初出店の第7号店。ゴルフ練習場のロビーで営業していたプロショップのスペースをリニューアルして新ショップが完成。総面積約112平方メートル。

太平洋クラブ
9701

OGM、来場サンクスキャンペーン実施(12月16日まで) 2018年10月05日

オリックス・ゴルフ・マネジメント㈱は、公式ウェブサイト「ORIX GOLF WEB」において、10月1日より12月16日まで来場サンクスキャンペーンを実施。
同公式ウェブサイトで利用登録(無料)し、サイト経由で予約の上プレーした予約代表者の方が対象となる。抽選で105名にプロショップ券(ゴルフ用品やOGM運営施設で利用可)をプレゼント。
OGM運営施設では、プロショップセール同時開催。定番・新作商品などをお得な価格にて販売。
公式ウェブサイトで利用登録されたユーザーには、プロショップ商品の販売価格から10%割引となるクーポンを期間限定で発行するという。

9500

飯能グリーンCC(埼玉)預託金額面差し替え額を変更 2018年10月01日

飯能グリーンカントリークラブは市場から調達した会員権の預託金額面取り扱いを10月1日より変更する。
400万円以上の預託金証券は一律220万円の額面に、それ以外は最低額面金額に達するまで、最大100万円切り下げての額面に変更。従来、正会員は80万円まで切り下げることとしていたが、120万円額面が出回るようになったため最低でも20万円は残すようにしたという。その最低額面は正会員20万円、平日会員10万円。名義書換料等に変更はない。

飯能グリーンカントリークラブ
9503

石川遼プロのマネジメント会社がゴルフ場を経営 2018年10月01日

男子ゴルフツアー選手会長である石川遼プロのマネジメント会社で両親が役員を務めるケーアイ企画㈱が9月25日、福島の棚倉田舎倶楽部の経営権を取得、ゴルフ場経営に進出した。
同倶楽部経営の棚倉開発㈱の株式をケーアイ企画が取得し父親で同企画会長の石川勝美氏が同開発の新社長となった。社長以外の従業員はすべて継承、倶楽部名・会社名・会員の権利等は変更せずゴルフ場を運営する。同倶楽部の親会社だった㈱ホスピタリティオペレーションズ(那須CCを経営)より株式譲渡を受けた。
勝美氏は、経営ゴルフ場を探していたこと、福島県内のゴルフ場関係者に会い関心を持ったこと、同コースを使ったジュニア育成や将来のトーナメント開催に向けたコース改修に意欲があることなどを話した。
総支配人はこれまで以上に知名度が向上し地域の活性化につながることを期待しているという。

棚倉田舎倶楽部