至急物件
RAPID

大利根カントリークラブ

物件内容 ・売り物件
概算費用
会員権代金 3,200,000
入会預託金 1,000,000
手数料 64,000
名義書書換料 3,000,000
年会費(参考、月割り可) (60,000)
合 計 7,324,000
お見積り 購入依頼 売却依頼 お問い合わせ お天気 地図 ニュース HP


基本情報
コース所在地 茨城県坂東市下出島10
電話番号 0297−35−1344
予約電話番号 0297−35−4898
経営会社名 株式会社大利根カントリー倶楽部 
経営会社住所 茨城県坂東市下出島10
経営情報
コース詳細 ≪提携コース≫
     湘南CC、那須GC、龍ヶ崎CC

※『龍ヶ崎CC』『那須GC』と提携協定を締結。両倶楽部のすべての会員が相互に優待料金でプレーできるようになりました。

*大利根CC会員グリーンフィ・諸経費改定
  グリーンフィ・・1,050円→1,575円
  諸経費・・2,415円→3,255円

※会員家族ゲスト優遇制度
・優遇を受ける会員:正会員(個人・法人)、平日会員、週日会員(個人・法人)
・優遇を受ける家族(家族ゲスト)の範囲:会員の配偶者、会員の親(別居可)、年齢12歳以上の会員の子供とその配偶者、会員の孫(同居のみ)
・概算プレー料金:週日13,772円、土日祝日15,932円(1ラウンド、4Bキャディ付、諸経費・消費税含む、飲食費は除く)
 3Bは1,000円増し、2Bは3,000円増し
・会員からの予約が必要(会員の同伴がなくてもプレー可)

※平成12年入会より女性の入会制限撤廃
   ロッカールームや浴室など拡充が終わり女性の受入体制が整った模様。
ホール数 36H   P144   14089Y
設計者 井上 誠一
加盟団体 JGA・KGA
コースレート 東:73.5  西:73.4
開場日 昭和 35年
会員名簿 毎年発行
会員数 正1448 名  平日180 名
定休日 毎週月曜日,12月31日・1月1日
練習場 250Y 19打席  アプローチ・バンカー
宿泊施設 紹介あり
系列コース
アクセス 常磐自動車道・谷和原ICより12km(約25分)/圏央道・坂東ICより7km(約15分)
電車つくばエクスプレス・守谷駅下車
クラブバス守谷駅より運行 平日4本、土日祝6本(プレー前日15時までに要予約)
コース概要 東コース:林が深くアウト5番までOB線があり、とくにフックボールに注意。松の木の障害はインもアウトと同様だが、インは第1打の落下地点がポイントになる。
西コース:1,4,5,6番は、スライスは禁物。17番は池との調和が美しい名物ホール。インは池越え、林越え、花道に食い込んだバンカーなど難ホールが多い。


☆トーナメント開催
1963/ 7 関東オープン選手権競技(男子・東コース)
1971/11 第4回日本女子オープンゴルフ選手権競技(女子・西コース)
1972/ 9 第37回日本オープンゴルフ選手権競技(男子・東コース)
2007/ 5 第107回全米オープンゴルフ選手権 極東地区最終予選(男子・東コース)
2008/11 第1回The Championship by LEXUS レクサス選手権(男子・東コース)
2009/11 第2回The Championship by LEXUS レクサス選手権(男子・東コース)
2010/ 7 第3回The Championship by LEXUS レクサス選手権(男子)
2010/ 9 日本女子オープンゴルフ選手権競技(女子・東コース)
2014/ 9 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップダイヤモンドカップゴルフ(男子・西コース)
2015/ 9 アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ(男子・西コース)
東コース
☆1972年 第37回日本オープン  優勝 韓長相
西コース
☆1971年 第4回日本女子オープン  優勝 樋口久子
東コース
☆2010年 第43回日本女子オープン  優勝 宮里美香

≫ラウンドレポートを見る
備考

会員情報
正会員 平日会員(土曜日利用可能) 平日会員(土曜日利用不可)
名義書換料 (万円・税別) 300 150
入会預託金 (万円) 100 0 50
年会費 (万円・税別) 6 5.4 4.8
入会条件 ・年齢20歳以上・紹介者:正会員2名(在籍5年以上) 但し法人正会員の指定変更においては代表取締役(正会員)が紹介者になる場合は在籍年数を問わない
・女性入会:制限なし 男性⇔女性可
・外国籍入会:相談可
・原則としてJGA加盟クラブに入会している方(但し、指定変更(法人会員・法人週日会員)、相続(正会員・週日会員)、平日会員、正会員の家族は除く)
・面接・同伴プレー有
・個人正会員は「株式会社大利根カントリー倶楽部の株主である個人」
・法人正会員は「株式会社大利根カントリー倶楽部の株主である法人が指定した個人」
・法人⇔個人
証券サンプル・会報等
地図
大利根カントリークラブ

ゴルフ関連NEWS

大利根CC(茨城)平日会員補充募集 2019年02月12日

平日会員の募集要項

平日会員の内容)
(個人のみ)
①土曜日と週日に限り会員としてプレーでき、ゲストの同伴・紹介もできる。
(日曜祭日は除く)
②他への譲渡、相続継承はできない。
応募資格 ①年齢 満20歳以上。
②上場企業及びその関連の管理職及び退職者等。
募集金額 ①登録料1口350万円(税抜)。(※登録料は返金しない)
②預託金1口100万円(※預託金は退会時返還)。
募集口数 ①年間(4月1日~翌年3月31日まで)15口、15口に到達次第募集打ち切り。
入会審査 ①入会申込書(書類審査用)による書類審査。
②入会関係書類の受理(正会員書類に準ずる)。
③クラブハウス内掲示。
④面接・同伴プレーの実施(面接においては推薦者1名同席)。
⑤総務委員会審査。
⑥理事会承認。
推薦人 在籍5年以上の正会員2名、又は在籍5年以上の正会員1名と正会員1名(但し年間10回以上来場があること)2019年4月1日より実施。
年会費 54,000円(税抜)。(入会月により月割)
実施期日 2019年4月1日より。

登録料負担額の特例
平日会員として入会時に負担した登録料は、個人正会員(平日会員と同一名義)の登録料に充当することができる。但し、過去に負担した登録料が新たに負担する登録料を上回っても差額の返金は行わない。

大利根カントリークラブ

大利根CC(茨城)入会時預託金を再開 2016年02月12日

 株主会員制の大利根カントリークラブは、平成11年に廃止した入会時預託金を再開することに決定。平成28年3月1日申し込み分より実施。 正会員の新規入会(書換)や法人指定変更(既に入会時預託金を納入している場合は不要)、相続・生前贈与で入会時預託金100万円、同じく週日会員で50万円が新たに必要となる。名義書換料は税別で正会員300万円、週日会員150万円。平日会員は譲渡不可。

大利根カントリークラブ

ミズノ、同社契約プロとラウンドできるイベントを開催 2015年11月06日

ミズノ(株)は同社契約プロとラウンドできるイベント「ミズノプロアマラウンド2015」を12月22日に大利根カントリークラブ東コースで開催する。参加者募集中。  このイベントは昨年まで実施されてきたミズノドリームカッププロアマ大会に代わるもので、アマチュアゴルファーのみを対象に9ホールごとにプロ1名とラウンドする。1日で男女プロ各1名とラウンドできるほか懇親会を兼ねた表彰式を予定している。 スケジュールは12月21日にホテルに宿泊、22日朝バスでゴルフ場に向かい、8時35分からプレースタート。参加費用は、宿泊代と指定区間の交通費、プレー代込で11万1800円から。募集定員は30名(先着順)。

大利根カントリークラブ

JGAがゴルフウィーク企画のエントリー受付開始 2015年06月17日

公益財団法人日本ゴルフ協会は、2015年のゴルフウィーク企画として8月7日に実施する「JGA主催オープン競技開催コースにチャレンジ」のエントリー受付を6月より開始。参加定員60名で定員を超えた場合は先着順。 この企画は9月24日から27日まで開催される「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ」の舞台である大利根CCの西コースで18ホールストロークプレーのアンダーハンディキャップ競技を行うもの。優勝から3位・飛び賞にはJGAまたは大利根CCグッズが贈られ、参加賞でアジアパシフィック ダイヤモンドカップのチケットが1枚もらえる。 エントリーはJGA・USGAハンディキャップインデックス所有者が対象となるが、同インデックスを所有していれば年齢・性別を問わず、1人でもン窯同士や家族での参加も可能。参加料3000円とプレー代がかかる。申し込み締め切りは7月23日午後5時。

大利根カントリークラブ

大利根CC(茨城)週日会員募集 2012年04月09日

大利根カントリークラブは週日会員(土不可)の募集を開始。募集金額は個人法人とも315万円で定員10口。入会の条件は20歳以上で原則JGA加盟クラブに入会、5年以上在籍かつ40歳以上の正会員2名の推薦があること。面接・同伴プレー審査あり。現在週日会員は11名。 同クラブでは相続に伴う会員登録料を9月1日より増額する。正会員(株式)の相続登録料は52.5万円から105万円に、週日会員(資格登録料)は26.25万円から52.5万円。

大利根カントリークラブ

井上誠一氏設計のコース同士で利用提携 2010年10月29日

茨城県の龍ヶ崎CCは同じ井上誠一氏設計の同県の大利根CC・大洗GCと会員の相互利用を始めた。平日のみ互いの会員はグリーンフィを割引する。同CCは同じ井上氏が設計した千葉県の鷹之台CCと年1、2回役員や研修会会員参加によるフレンドリーマッチを開いており同じ県内の両倶楽部とは相互利用に発展した。その他北海道の札幌GC・群馬県の草津CC・兵庫県のザ・サイプレスGCとも提携倶楽部として相互利用を行っている。 大洗CCは栃木県の那須GCと相互利用しているが2コースに増えたことで平日の集客策になっているという。大利根CCは今のところ龍ヶ崎CCのみ。 井上誠一氏設計の代表コースが相互利用を始めたもので提携の組み合わせや内容は様々であるが会員にとっては利用価値が高まり、倶楽部側は提携倶楽部と連携することでメリットも生まれそう。

大利根カントリークラブ大洗ゴルフ倶楽部龍ヶ崎カントリー倶楽部

大利根CC(茨城)ハウス改修検討 2009年08月12日

50周年を迎える大利根カントリークラブは、記念行事として、ハウスが老朽化しているため改修する案が浮上。また50年史を編纂するかも課題となっている。

大利根カントリークラブ

大利根CC、西コースも2ベントグリーン化計画 2006年08月23日

大利根カントリークラブ(36H 茨城)は、西コース(18H)をコウライとベントの2グリーンからベント2グリーンにする計画を進めている。同CCは、昨年9月に東コース(18H)のサブグリーン(コウライ)をベントグリーンに変える工事に着手。「A−4」を播種し、今年3月に使用を開始している。引き続き西コース(18H)のサブグリーン(コウライ)も理事会等の承認を得てベント化する考え。完成すると全36ホールがベント2グリーンになる。

大利根カントリークラブ

TOP