ゴルフ会員権相場
MARKET

笠間桜カントリー倶楽部(旧・新水戸CC)

お見積り 購入依頼 売却依頼 お問い合わせ お天気 地図 ニュース HP
基本情報
コース所在地 茨城県東茨城郡城里町大字下赤沢504
電話番号 0296−70−7033
予約電話番号
経営会社名 国武株式会社 
経営会社住所 茨城県東茨城郡城里町大字下赤沢504
経営情報
ホール数 27H   P107   9692Y
設計者 江面 真
加盟団体 JGA・KGA
コースレート 69.7
開場日 昭和 47年
会員名簿 昭和 50年度
会員数 1500 名
定休日 無休
練習場 なし
宿泊施設 なし
系列コース
アクセス 常磐自動車道・水戸ICより22km/北関東自動車道・友部ICより18km
電車JR常磐線・友部駅下車
クラブバスなし
コース概要 山間部の台地に、横に展開しているが、フラットでフェアウエイ幅も広く、丘陵林間コースの趣である。
備考
会員情報
正会員 平日会員(土曜日利用可能) 平日会員(土曜日利用不可)
名義書換料 (万円・税別) 5 5
入会預託金 (万円) 0 0 0
年会費 (万円・税別) 2.2 1.5 0
入会条件 ・特になし
・女性入会:制限なし
・外国籍入会:制限なし
・法人⇔個人
証券サンプル・会報等
地図
笠間桜カントリー倶楽部(旧・新水戸CC)

ゴルフ関連NEWS

新水戸CC(茨城)名称変更 2011年09月14日

新水戸カントリークラブは放射能の風評被害により9月から「笠間桜カントリー倶楽部」にゴルフ場名を変更。水戸や日立は福島原発に近いイメージで、ゴルフ場から近い笠間を採用、桜は地元の代表花。 来年1月からは東コースと中コースの計18ホールで営業する。南コースは1番を14打席の練習場として整備。4〜9番をショートコースとし、本プレー前後のエキストラホールとしてや、低料金でジュニアに利用してもらう考え。将来的には9ホールに拡張する。 同ゴルフ場のビジター料金は全て食事つきで、年内は平日3500円と4000円、土・日祝日は7980円。ネット予約は年内に南コースを回った場合「南コースさよならプラン」として500円引き。なお、経営は変わらず国武(株)。仙台GCを経営する仙台籐屋産業(株)は姉妹会社だが大久保グループからは離脱、久慈川CC経営の国際グリーン(株)ともグループ関係を解消している。

笠間桜カントリー倶楽部(旧・新水戸CC)

大久保グループ3社、会員等債権者向けの説明会を開く 2005年11月11日

今年10月14日に東京地裁へ民事再生手続きの開始を申し立てた、大久保グループの国際グリーン(株)(久慈川CC経営)、国武(株)(新水戸CC経営)、仙台藤屋産業(株)(仙台グリーンGC経営)の3社は、東京都内で会員を含む債権者に対して説明会をそれぞれ開いた。なお、同グループ3社は11月2日に東京地裁から民事再生手続きの開始決定が下りた。今後の予定は、再生計画案の提出期限が平成18年1月23日、債権者集会が同年4月頃となっている。

笠間桜カントリー倶楽部(旧・新水戸CC)

大久保グループ3社の負債総額は約500億円 2005年10月26日

大久保グループ傘下で、10月14日に民事再生法の適用を東京地裁に申請した国際グリーン(株)(久慈川CC経営)、国武(株)(新水戸CC経営)、仙台藤屋産業(株)(仙台グリーンGC経営)の負債額等が、このほど明らかになった。同グループによると、負債額及び会員数は国際グリーンが約260億円(内預託金約140億円)で2000名強、国武が約160億円(約120億円)で1万名超、仙台藤屋産業が焼く80億円(約80億円)で約7000名。3社合計では、負債約500億円(内預託金約240億円)、会員数約2万名としている。申請に至った理由については、預託金問題としており、特に久慈川CC会員からの預託金償還請求が殺到しているためという。

笠間桜カントリー倶楽部(旧・新水戸CC)

大久保グループの3社が東京地裁に民事再生法を申請 2005年10月24日

大久保グループ傘下の久慈川カントリークラブ(18h 茨城)を経営する国際グリーン(株)と新水戸カントリークラブ(27H 茨城)を経営する国武(株)、仙台グリーンゴルフクラブ(18h 宮城)を経営する仙台藤屋産業(株)の3社は10月14日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けたことがわかった。申請代理人は、小池剛彦弁護士。大久保グループは、昭和47年に新水戸CCを開場させてゴルフ場経営に参入。現在は5コースを経営しているが、一時は会社更生手続中の東京国際グループの株式を取得し、計7コースを傘下に収めていた。今回申請した3コース以外のグループゴルフ場はニセコG&R(18H 北海道)と軽井沢900C(18H 長野)だが、両コースともに民事再生計画が成立し再建途上にある。

笠間桜カントリー倶楽部(旧・新水戸CC)

TOP