ゴルフ会員権相場
MARKET

ボボスカントリークラブ久慈川コース(旧サンクチュアリ久慈ゴルフクラブ)

お見積り 購入依頼 売却依頼 お問い合わせ お天気 地図 ニュース HP
基本情報
コース所在地 茨城県常陸大宮市山方4933
電話番号 0295−55−9555
予約電話番号
経営会社名 (親会社:(株)サンクチュアアセットマネージメント) 
経営会社住所
経営情報
ホール数 18H   P72   6304Y
設計者 加藤 俊輔
加盟団体 JGA・KGA
コースレート 69.5
開場日 平成26年(昭和 62年)
会員名簿 平成 1年度
会員数 805 名
定休日 毎週月曜日,12月31日・1月1日
練習場 200Y 20打席  バンカー
宿泊施設 あり
系列コース
アクセス 常磐自動車道・那珂ICより25km
電車水郡線・山方宿駅下車/JR常磐線・水戸駅下車
クラブバスなし
コース概要 コントロール・イズ・ベストを基本に、飛ばしやもぎ光波も対等に勝負が出来るコース。
備考
会員情報
正会員 平日会員(土曜日利用可能) 平日会員(土曜日利用不可)
名義書換料 (万円・税別) 停止中
入会預託金 (万円) 0 0 0
年会費 (万円・税別) 3 0 1.2
入会条件 ・女性入会:制限なし
・法人無記名2名→個人2名  法人無記名2名→法人記名2名
証券サンプル・会報等
地図
ボボスカントリークラブ久慈川コース(旧サンクチュアリ久慈ゴルフクラブ)

ゴルフ関連NEWS

久慈川CC(茨城)コースの競売によりプレー権が消滅 2013年10月28日

久慈川カントリークラブはコース・施設の競売で所有者が替わり会員のプレー権が消滅した事態となっている。 ゴルフ場の土地登記によると、平成21年9月23日競売開始決定、24年8月23日に担保不動産競売による売却となっており、新所有者は債権者でもあった(株)サンクチュアアセットマネージメントとなっていた。関連会社に当たるというウィンザーパークG&CCを経営する(株)サンクチュアリゾートでは、動産も引き継ぎ営業再開が年内か来年4月かを近々決める模様だがコース・施設を競売での取得のため国際グリーンの債権債務は継承せず、別の名称でのパブリック営業となるだろうと説明。 同CC経営の国際グリーン(株)は平成18年10月11日再生計画認可決定、スポンサーはシグマ・ゲイン(株)。18年11月8日再生計画認可決定確定、21年11月9日に再生手続終結決定を受けた。つまり、再生手続終結決定を受ける前に競売開始が決定していたもので、裁判所の関与や再生手続の信用性も疑われそうなケースである。

ボボスカントリークラブ久慈川コース(旧サンクチュアリ久慈ゴルフクラブ)

大久保グループ3社、会員等債権者向けの説明会を開く 2005年11月11日

今年10月14日に東京地裁へ民事再生手続きの開始を申し立てた、大久保グループの国際グリーン(株)(久慈川CC経営)、国武(株)(新水戸CC経営)、仙台藤屋産業(株)(仙台グリーンGC経営)の3社は、東京都内で会員を含む債権者に対して説明会をそれぞれ開いた。なお、同グループ3社は11月2日に東京地裁から民事再生手続きの開始決定が下りた。今後の予定は、再生計画案の提出期限が平成18年1月23日、債権者集会が同年4月頃となっている。

ボボスカントリークラブ久慈川コース(旧サンクチュアリ久慈ゴルフクラブ)

大久保グループ3社の負債総額は約500億円 2005年10月26日

大久保グループ傘下で、10月14日に民事再生法の適用を東京地裁に申請した国際グリーン(株)(久慈川CC経営)、国武(株)(新水戸CC経営)、仙台藤屋産業(株)(仙台グリーンGC経営)の負債額等が、このほど明らかになった。同グループによると、負債額及び会員数は国際グリーンが約260億円(内預託金約140億円)で2000名強、国武が約160億円(約120億円)で1万名超、仙台藤屋産業が焼く80億円(約80億円)で約7000名。3社合計では、負債約500億円(内預託金約240億円)、会員数約2万名としている。申請に至った理由については、預託金問題としており、特に久慈川CC会員からの預託金償還請求が殺到しているためという。

ボボスカントリークラブ久慈川コース(旧サンクチュアリ久慈ゴルフクラブ)

大久保グループの3社が東京地裁に民事再生法を申請 2005年10月24日

大久保グループ傘下の久慈川カントリークラブ(18h 茨城)を経営する国際グリーン(株)と新水戸カントリークラブ(27H 茨城)を経営する国武(株)、仙台グリーンゴルフクラブ(18h 宮城)を経営する仙台藤屋産業(株)の3社は10月14日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けたことがわかった。申請代理人は、小池剛彦弁護士。大久保グループは、昭和47年に新水戸CCを開場させてゴルフ場経営に参入。現在は5コースを経営しているが、一時は会社更生手続中の東京国際グループの株式を取得し、計7コースを傘下に収めていた。今回申請した3コース以外のグループゴルフ場はニセコG&R(18H 北海道)と軽井沢900C(18H 長野)だが、両コースともに民事再生計画が成立し再建途上にある。

ボボスカントリークラブ久慈川コース(旧サンクチュアリ久慈ゴルフクラブ)

TOP