ヴィンテージGC(山梨)2次募集終了へ - ゴルフ会員権のご購入・ご売却でしたら(株)日本橋・グリーンゴルフ

ゴルフ会員権ニュース

NEWS
ニュース年月
年月

ヴィンテージGC(山梨)2次募集終了へ 2015年01月14日

 ヴィンテージゴルフ倶楽部と経営のヴィンテージリゾート㈱が平成21年6月より行っていた第2次募集が定員間近なことや今後の事業計画が明らかになった。2次募集は昨年末時点で271件成約、定員300口まで残りわずかとなったことで今年2月28日をもって販売終了の予定。 一昨年の火災で焼失した旧ロッジの代わりにクラブハウスの手前に4階建ての仮称ホテル研修施設を昨年10月着工、5月末にリニューアルオープン予定。6月には男子ツアー競技の開催が決定している。一方、一般財団法人渥美和彦記念未来健康医療財団との提携が決まり、医療面でのバックアップ体制や医学的見地での裏付けを基に、同倶楽部をフィールドとした「統合医療事業」がスタートしているという。2次募集終了後は3月1日より第3次追加募集として新設ホテルや既設のゴルフヴィラ、統合医療などを絡めた新たな募集を予定。 同ゴルフ場は農業生産法人の㈱ヴィンテージファームでブドウ栽培も始めており、昨年は自社醸造ワインをリリース。新設ホテルは地域活性化を目的にゴルフ客以外の利用者も見込んでいる。統合医療事業の取り組みは、若年層の取り込みと並行して高齢層へのケアも重要課題とし、統合医療テーマを「食・学・医・動」と設定して高齢者のみならずあらゆる世代の健康維持・予防に取り組むという。

シャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部