太平洋クラブ26年度決算、新生スタート時の目標上回る - ゴルフ会員権のご購入・ご売却でしたら(株)日本橋・グリーンゴルフ

ゴルフ会員権ニュース

NEWS
ニュース年月
年月

太平洋クラブ26年度決算、新生スタート時の目標上回る 2016年01月18日

(株)太平洋クラブは第45期決算(26年4月1日〜27年3月31日)を官報で公告。売上高は109億4973万円、営業利益2億6627万6000円、経常利益1億4561万8000円であったが、特別利益681万3000円、特別損失3億6101万7000円等で当期純損失2億5754万8000円となった。貸借対照表は資産の部が流動資産と固定資産の合計が232億83万8000円、負債・純資産は流動負債・固定負債合計217億8000万円、資本金25億円、利益乗除金35億7900万円の損失等となった。 マルハン傘下で再スタートを切った(株)太平洋クラブは26年3月期に83億1100万円にまで落ち込んだ売上高を27年同期に91億7600万円、29年同期に98億1300万円を目指すとしていた。今回の決算では27年同期目標を大きく上回るとともに29年同期目標を10億円上回る売上高となった。今期も昨秋以降ラウンド数が伸び、29年同期に目標としていた70万ラウンドに到達する見込み。また、同クラブはクアラルンプールG&CCとレシプロ契約を締結。1月よりレシプロ契約コースが5コースとなった。新契約コースは米PGAやLPGAのツアーも開催されアジアの名コースに数えられる。太平洋クラブ会員は1人約3500円でラウンドできる。

太平洋クラブ