スカイウェイCC(千葉)再生計画案に付議決定 - ゴルフ会員権のご購入・ご売却でしたら(株)日本橋・グリーンゴルフ

ゴルフ会員権ニュース

NEWS
ニュース年月
年月

スカイウェイCC(千葉)再生計画案に付議決定 2015年07月13日

スカイウェイCCを経営する㈱スカイウェイカントリー倶楽部は6月29日に提出した民事再生計画案が付議決定を受けた。会社側の申請代理人によると、会員など債権者には再生計画案を近日中に配布する方針。計画案は書面による投票ないしは9月2日の債権者集会で決議される。  再生方針は㈱アコーディア・ゴルフをスポンサーに迎え再建を図る方針で、①アコーディアグループの成田GCに次ぐ高級コースとして運営しアコーディア・ブランドは使用しない、②会員への弁済率は50%を予定、退会の際一括返還、③年会費・名変料は現状維持、④入場者の受入は1日180名を上限、⑤会員数の上限は概ね1200名程度―を骨子としている。また会員側の考える会の主張に対して、①株主会員制になっただけで会員権相場が3倍になるのか、②当社保有の土地に52億円の価値があると主張しているが財産評定所では早期処分価格として最大限見積もっても10億円を下回る程度だった、③弁済率や運営方針においても会社案が会員・従業員にとって有利だと信じている―として会員に再考を求めた。一方「スカイウェイCCの再建を考える会」は会社更生手続きの東京地裁の受理に関して会員の手による再建が動き出したと表明。会社更生手続が開始決定されれば会社申立の再生手続は中止となり、アコーディアのスポンサー計画も中止、裁判所に選任される更生管財人により経営・運営が行われ、会員の求める再建が一気に進むと文書で会員に報告。7月中旬か下旬にも更生手続きの開始決定が出て再生手続は中止になると見込んでいるという。

スカイウェイカントリークラブ