猿島CC(茨城)正会員募集で40口弱入会 - ゴルフ会員権のご購入・ご売却でしたら(株)日本橋・グリーンゴルフ

ゴルフ会員権ニュース

NEWS
ニュース年月
年月

猿島CC(茨城)正会員募集で40口弱入会 2015年03月30日

東急不動産グループの猿島カントリー倶楽部は昨年1月より行っている4次正会員募集で40口弱が入会した。4次募集では会員資格保証金(220万円=入会後10年据置き)の内160万円は10年以内に一括支払いすれば良いとする分割制度を導入、これにより186万円での入会が可能となった。入会するとグループゴルフ場21コースと提携2コースを会員優待料金で利用できるチケットが毎年発行される。また、3月29日には圏央道の久喜白岡JCT〜境古河ICが開通、久喜白岡で東北道とつながり境古河から倶楽部まで6キロとアクセスが格段に良化した。 ゴルフ会員権の募集環境が低調な首都県北部の中で、1年で40口弱の入会は好調な部類といえる。経営の信頼感や入会のしやすさ、入会のメリットの多さ、アクセスの良さが好調の要因と推測されるが、同倶楽部によると競技志向の下端誘拐が多いという。フラットな用地に水やバンカーを巧みに配し、フェアウェイの傾斜や変化に富んだアンjyレーションなど戦略性の高い造りで競技志向のゴルファーから人気が高く、月例会も盛況。 同倶楽部の会員数は3月時点で850名。他に友の会に950名在籍。友の会「ワンイヤーパートナーズ」は年会費3万2400円でプレー料金の割引、1人予約、JGAオフィシャルHDCPの取得ができる。尚、今年2月に全ホールのグリーンから100ヤード以内のガードバンカーの砂を洗浄、9月以降には駐車場に太陽光パネル付カーポートを建設予定。

猿島カントリー倶楽部