レイクウッドGC富岡コース(群馬)運営会社変更 | ゴルフ会員権のご購入・ご売却でしたら日本橋・グリーンゴルフ
ゴルフ会員権ニュース
NEWS
ニュース年月
年月

レイクウッドGC富岡コース(群馬)運営会社変更 2019年07月22日

㈱レイクウッドコーポレーションは、経営するレイクウッドゴルフクラブ富岡コースを、会社分割により新設会社・富岡ゴルフ(8/1設立予定)に承継させ、同新設会社の全株式をパシフィックゴルフマネージメント㈱(PGM)に譲渡する株式譲渡契約を2019年7月18日付で締結。
2019年10月1日より富岡ゴルフ㈱はPGMの所有となり、同日よりゴルフ場名を新たにして運営開始する予定。
同ゴルフ場は、水の魔術師の異名を持つテオドール・G・ロビンソンが作り出した3つのコースで構成された戦略性の高い丘陵コース、クラブハウスは現代的で人と自然の一体感を追求した透明感あふれる佇まいが特徴的であると紹介。
2月にPGM総成GCと大多喜CCがPGMグループ入りしており今回が3コース目。

PGM富岡カントリークラブノースコース