ゴルフ会員権ニュース
NEWS
ニュース年月
年月

サンコー72(群馬)コース一部閉鎖、36ホール体制へ 2019年10月17日

サンコー72カントリークラブは、12月16日より運営の効率化のため、現在の54ホールから36ホール体制へ変更する。
平成28年から休止している観音コースはそのまま閉鎖、西コースの吉井コースが11月10日まで、ショートコースが11月30日まで、東コースの妙義コースが12月15日まで、西コースのクラブハウスも12月15日で閉鎖となる。
12月16日から36ホール体制となり、営業形態が変わるという。東・西コースの副名称をOUTコース・INコースに変更。
東コースのOUTコースは榛名1・9番、赤城2~8番の9ホールとなり、赤城の3番ミドルをショートに、4番と5番をあわせてロングになる。INコースは妙義の1・9番と榛名の2~8番の9ホール。赤城1番は練習場として活用する。西コースは岩平コースがOUTコース、高崎コースがINコースとなる。
西コースへの移動方法がバスから乗用カートに変更するとともに、昼食は東コースのクラブハウスへワゴン車での移動となる。
新しい東コースは距離がありアスリート向け、西コースはフラットで女性やシルバー向け。来年4月にGPSナビゲーション導入予定。
閉鎖したコース用地はメガソーラーに転用、同クラブは用地の賃貸のみ。

サンコー72カントリークラブ