太平洋Ⅽ八千代Ⅽ(千葉)が4月4日にグランドオープン | ゴルフ会員権のご購入・ご売却でしたら日本橋・グリーンゴルフ
ゴルフ会員権ニュース
NEWS
ニュース年月
年月

太平洋Ⅽ八千代Ⅽ(千葉)が4月4日にグランドオープン 2020年04月08日

(株)太平洋クラブは、昨年取得したパブリックの八千代ゴルフクラブを共通会員制に組み込み、名称を「太平洋クラブ八千代コース」として4月4日にグランドオープンした。

八千代コースは時間を効率的にプレーができる、午前と午後2部制の完全スループレー専用コース。
歩きで、キャディ付きと手引きカートでのセルフとの選択制。

全体の距離は短いが、近い立地とフラットな地形、インターバルの短いレイアウトから新しい運営スタイルを導入、練習施設も充実。
1・10番の後方にスターターズハウスを新設、ハーフタイム時に軽食をオープンテラスで楽しむことができ、インドアにはレーダー弾道測定器TrackMan完備のシミュレーションコーナー、野外にレンジ、スイング練習器具を備え、総合的な練習、世界の名コースの仮想ラウンドが楽しめるという。

ハウスの内外装もリニューアル。ハウス内には「Select The Club YACHIYO」をオープン、クラブ工房も備える。
レストランの料理はミシュラン二つ星の中華・桃の木のオーナーシェフの小林武史氏の監修。お酒も充実。

クラブバスは最終のお客が帰るまで1時間おきに運行。

プレー料金(昼食付)
メンバー  キャディ付き(4B)12,550円、セルフ8,700円。
ビジター  平日でキャディ付き18,050円、セルフ14,200円。
      土・日祝日でキャディ付き29,800円、セルフ25,950円。
昼食メニューを変えた平日・午後のスループレープラン、月曜日セルフデーも予定している。