紫塚GC(栃木)等、レイワゴルフリゾートの冠に名称変更 | ゴルフ会員権のご購入・ご売却でしたら日本橋・グリーンゴルフ
ゴルフ会員権ニュース
NEWS
ニュース年月
年月

紫塚GC(栃木)等、レイワゴルフリゾートの冠に名称変更 2020年08月04日

紫塚ゴルフ倶楽部とつつじヶ丘カントリー倶楽部はグランピング施設の「Haga Farm & Glamping」(芳賀ファーム&グランピング)を8月1日にオープンし、3つの複合リゾート施設が使える「レイワゴルフリゾート」として『レイワゴルフリゾート紫塚ゴルフ倶楽部』『レイワゴルフリゾートつつじヶ丘カントリー倶楽部』と名称を変更、会員募集を開始。
令和にちなんだゴルフ場関連施設は初。

オープンするグランピング施設は、サラブレッドを調教する牧場に併設、グランピング10棟・クラブハウス・屋外プール・スナッグゴルフ・バスケットボールコート・散策路を備えており、紫塚GCを経営する、㈱MGCマネジメントが経営。

3つの施設を利用できるゴルフ場会員を、税別100万円(入会金のみ)、年会費38,000円で募集。
1次募集の定員は各コース50名。
ホームコースとして2か所のうちどちらかに所属し、3つの施設を共通会員利用できるもの。

本来は4月オープンの予定だったが、コロナのため延期、8月にオープンとなる。

冷暖房のきいた自然の中のテントでリラックス、周囲のサラブレッドの調教も眺められる。地元の新鮮野菜やBBQも楽しめたり、来年からは乗馬も開始する。
同リゾートは3施設で、ゴルフ・グランピング・リゾートホテル(紫塚20室)・ヴィラ(紫塚6棟)のほか、多彩なアクティビティ、グルメ、温泉がそろっており、レジャーやリラクゼーションなど使い方は自由と案内。

芳賀町のグランピング(4名)のビジター料金は1人当たり平日(月~木)は25,000円(メンバー16,100円)、金曜日31,000円(19,200円)、土・日祝日34,000円(19,200円)。グランピング・ゴルフ・バーベキュー・朝食、すべての施設が利用可能。

紫塚ゴルフ倶楽部つつじヶ丘カントリー倶楽部