松山英樹、マスターズ制覇! | ゴルフ会員権のご購入・ご売却でしたら日本橋・グリーンゴルフ
ゴルフ会員権ニュース
NEWS
ニュース年月
年月

松山英樹、マスターズ制覇! 2021年04月12日

4月8日~11日にオーガスタ・ナショナルGCで開催された2021年マスターズは松山英樹選手が見事優勝、グリーンジャケット獲得。日本男子初の4大メジャー制覇、アジア男子初のマスターズチャンプとなった。
2011年、震災の後に初出場でのローアマ獲得以来10年目の快挙。
松山選手は、「勝ったことで若い日本人選手も変わっていくのではないかないか。今後も頑張ります。」とコメント。
松山選手に憧れゴルフを始める子供たちや、ゴルフから離れていた人たちの再開するいいきっかけとなった。

1日目 69  2日目 71  3日目 65  最終日 73  total 278  -10

1日目‐3で2位タイ、2日目‐4で6位タイ。
3日目には悪天候による中断があったが、1イーグル、5バーディ、ノーボギーで回り-11で2位に4打差をつけ単独首位に。
そして最終日、1番ボギースタート、2番バーディで戻し、3・4・難関の5番はパー、6・7番はバーディチャンスにつけたがおしくもパー、8・9番で連続バーディとし、前半を2位と5打差として終了。
サンデーバックナイン(最終日の後半9ホール)では、祈らずにはいられないと言われるアーメンコーナーの11・12・13番。12番はボギーとしたが13番でバーディ。15番では池ポチャでボギー、16番ボギー17番はパー。2位とは2打差で最終ホールへ。1打目をしっかりとフェアウェーキープ、最後のパットを沈めボギーとはなったが18ホールを戦い終え、-10で見事に優勝を決めた。
日本人初参戦から85年、初めて頂点にたった。

結果
1      -10      松山 英樹                     69・71・65・73  278
2      -9       ウィル ザラトリス          70・68・71・70  279
3T    -7       ザンダー シャウフェレ    72・69・68・72  281
3T    -7       ジョーダン スピース       71・68・72・70  281
5T    -6       マーク リーシュマン       72・67・70・73  282
5T    -6       ジョン ラーム                72・72・72・66  282
7      -5       ジャスティン ローズ       65・72・72・74  283
8T    -4       コリー コナーズ             73・69・68・74  284
8T    -4       パトリック リード          70・75・70・69  284
10T  -3       トニー フィナウ             74・66・73・72  285
10T  -3       キャメロン スミス          74・68・73・70  285

◆日本人選手の海外メジャー制覇
▽レギレュラー男子
2021年マスターズ 松山英樹
▽レギュラー女子
1977年全米女子プロ 樋口久子
2019年AIG全英女子オープン 渋野日向子
▽シニア男子
2013年全米プロシニア 井戸木鴻樹

*マスターズ前週に開催されたオーガスタ・ナショナル女子アマでは梶谷翼が優勝

 

テレビ放送
【TBS】
4月08日(木)  23:56~翌1:25
4月09日(金)  4:00~8:20
4月10日(土)  0:20~1:20
4月10日(土)  4:00~8:00
4月11日(日)  0:15~1:15
4月11日(日)  4:30~8:30
4月12日(月)  0:15~8:20 (延長あり)

【BS-TBS】
4月09日(金)  1:25~4:00
4月10日(土)  1:20~4:00
4月11日(日)  1:15~4:30