植木CC(熊本)経営の友宝開発が破産手続開始 - ゴルフ会員権のご購入・ご売却でしたら(株)日本橋・グリーンゴルフ

ゴルフ会員権ニュース

NEWS
ニュース年月
年月

植木CC(熊本)経営の友宝開発が破産手続開始 2023年01月17日

1989年11月開場で2022年6月に営業停止した植木カントリークラブを経営する(有)友宝開発が破産手続の開始決定を受けた。
管財人によると、来場者数が減少、低料金・省力化運営でも限界に達し、ゴルフ場の不動産売却を余儀なくされ営業を停止、閉鎖していた。
直接の原因は売り上げ減ということだが、コロナ禍も追い打ちとなったよう。
負債総額は約12億2300万円とみられる。会員債権者の多くは開場前後に100万円で入会、数百人いた模様。
ゴルフ場再建や再興の動きはなく、跡地利用の太陽光発電情報も定かではないという。

植木カントリークラブ