エビハラスポーツマン(株)の再生計画案が可決 - ゴルフ会員権のご購入・ご売却でしたら(株)日本橋・グリーンゴルフ

ゴルフ会員権ニュース

NEWS
ニュース年月
年月

エビハラスポーツマン(株)の再生計画案が可決 2006年09月13日

水戸グリーンCC照田コース(27H 茨城)、同CC山方コース(18H 茨城)、夏泊Gリンクス(18H 青森)を経営し、民事再生手続中のエビハラスポーツマン(株)の債権者集会が9月6日に開かれ、賛成多数で再生計画案が可決し、東京地裁から翌7日に認可決定を受けた。同社の計画案は自主再建型で、退会会員を含む債権者への弁済については債権者平等の原則から、弁済率や弁済時期の違う一括弁済と分割弁済の2つの方式を採用し、債権者が選択できるようにしているなどの特徴がある。会員に関する再生条件は、継続会員の預託金は85%をカットし、残り15%を新預託金(10年据置き)にする。一方、退会会員を含む一般債権者は、一括弁済か分割弁済かを選択。一括弁済を選択した退会会員及び一般債権者へは、債権額の15%を10年後に弁済する。分割弁済を選択した場合は、8%を来年3月末日から6回(6年)に分けて弁済。

水戸グリーンカントリークラブ・山方コース