アローエースGC(栃木県)パブリックに移行 - ゴルフ会員権のご購入・ご売却でしたら(株)日本橋・グリーンゴルフ

ゴルフ会員権ニュース

NEWS
ニュース年月
年月

アローエースGC(栃木県)パブリックに移行 2023年04月18日

大和ハウス工業(株)の直接経営、ダイワロイヤルゴルフ(株)が運営管理するアローエースゴルフクラブは、2023年(令和5年)4月より18ホールスループレーの完全セルフスタイルの営業に移行。
ゴルフバッグやキャディバッグ等の扱いなどはすべて自分自身で行う。
プレースタイルは18ホールスルーセルフプレー・風呂なし・シャワーあり・昼食なし。
4月からのプレー料金は平日5,500円、土日祝日11,000円、5~6月は平日5,500円、土日祝日12,000円。土日祝日セルフ2Bはプラス2,200円。運営体制変更により若い人の利用が目立つという。ゴールデンウィークには早朝プレー開始、6月からは日の出からプレーできる。
運営方法変更については、昨年プレー料金を値上げしたところ来場者数が大きく落ちたこともあり収益性を考えての判断だという。運営スタッフ10数名の省力運営となった。
2024年(令和6年)4月には倶楽部を解散、完全パブリック制移行となることで、在籍会員の半数が預託金返還での退会を選んだ。
ダイワハウス工業が大会に際し全額返還、会員募集する際には既存会員に差額返還の措置を講じた。
ダイワハウスグループ10コースでこのような運営転換は同GCのみ。

アローエースゴルフクラブ