霞ヶ関CC(埼玉)規約変更で女性の正会員認める | ゴルフ会員権のご購入・ご売却でしたら日本橋・グリーンゴルフ
ゴルフ会員権ニュース
NEWS
ニュース年月
年月

霞ヶ関CC(埼玉)規約変更で女性の正会員認める 2017年03月24日

 国際オリンピック委員会や日本ゴルフ協会など五輪関係団体から、女性正会員を認めていない規約の変更を求められていた東京五輪ゴルフ会場の霞ヶ関CCは、臨時理事会を開き女性正会員を認める規約変更を決議。
 東京オリンピック組織委員会の森会長がゴルフ会場に懸念を表明したのがきっかけで、日本ゴルフ改革会議が小池知事あてに開場の見直しを要請。小池知事の女性のプレーも認めるべきとの発言で内外に女性差別問題が広がった。同CCでは2度の会員説明会や理事会を開き検討、3月20日に結論を出した。
 変更は規約の細則の一部で正会員について、「理事会の定める一定の年齢に達した男子とする」の「男子とする」を「者とする」に変更、「家族会員は正会員の妻で」は「妻で」を「配偶者」に変更。週日会員から正会員への変更については「男子たる」の文言を削除し女性も正会員に移行できるとした。
 JGAは改定決議の連絡を受け今後は女性にも正会員への道が開かれることになったと報告、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、日本オリンピック委員会と連名でコメントを発表。国際ゴルフ連盟からの歓迎のコメントも報告した。そして「今後は2020年の大会の成功に向け関係者一同力を合わせ準備に取り掛かる所存」と表明。

霞ヶ関カンツリー倶楽部