八ヶ岳高原ゴルフ㈱の破産手続き終了 - ゴルフ会員権のご購入・ご売却でしたら(株)日本橋・グリーンゴルフ

ゴルフ会員権ニュース

NEWS
ニュース年月
年月

八ヶ岳高原ゴルフ㈱の破産手続き終了 2016年08月19日

 昨年12月16日に破産開始決定を受けた八ヶ岳高原ゴルフ㈱は7月26日付で破産手続終結の決定が出た。同社は地元財産区からゴルフ場用地を借り受け八ヶ岳高原CCを経営していたが、昨年11月23日で営業廃止としたことから、管財人は配当できる主だった財産がないとして債権者への破産債権の届け出を不必要とする扱いにしていた。 破産管財人によると、配当は預託金のある会員約220名に対してのみ行われ、配当率は1.2%程度だったという。また、「会社や裁判所からも債権者に連絡が行っていないので知らない債権者もいる」と説明している。同社が破産手続きを申し立てた当時の会員数は正会員で1000名弱。負債額は会員債権者約220名に対し約1億3500万円となっていた。 なお、ゴルフ場は用地を管理する海尻財産区とノザワワールドグループの㈱カワカミバレーカントリークラブが賃貸借契約を結び、八ヶ岳カントリークラブと名称を変更しパブリックで営業している。