ゴルフ会員権ニュース
NEWS
ニュース年月
年月

袖ヶ浦CC(千葉)一口法人の創設と名義書換料の一部改定 2020年10月26日

袖ヶ浦カンツリークラブでは、一口法人を創設、また名義書換料を一部改定する。

一口法人の創設は、もともと二口以上所有の法人に限り認めていた法人登録に加えて、一口のみ所有の法人にも法人登録を認めるというもの。

入会の際及び以降の法人内名義書換料
正会員    2,000,000円(税別)
平日会員   1,300,000円(税別)

名義書換料で改定されるのは、袖ヶ浦コース単独会員権と新袖コース単独会員権の名義書換料で、共通会員権の名義書換料と同額とする。

正会員    1,800,000円 → 2,000,000円(税別)
平日会員   1,100,000円 → 1,300,000円(税別)

袖ヶ浦カンツリークラブ(共通)袖ヶ浦カンツリークラブ(共通)(平日)袖ヶ浦カンツリークラブ(新袖コース単独)袖ヶ浦カンツリークラブ(袖ヶ浦コース単独)

袖ヶ浦CC(千葉)台風15号の被害額2億7400万円 2019年12月18日

袖ヶ浦カンツリークラブは9月の台風15号により施設や設備が被害を受け、修理費を捻出するため2020年度(1~12月)から3年間の年会費を値上げする。
賛助・共通・旧袖または新袖単独正会員の年会費(税別)6万円を9万円に、共通・旧袖または新袖単独平日会員は4万円から7万円に増額。期間中、冬季限定優待券の枚数を2枚から5枚に増やす。
同クラブは会員に、被害が2億7400万円に達すると報告、10月末より1口5万円の寄付金も募っている。
被害は倒木や設備関係の修復、コースの休業による損失、2日間に短縮されたトーナメントなど、千葉県での台風被害は相当な額になったようである。

袖ヶ浦カンツリークラブ(袖ヶ浦コース単独)袖ヶ浦カンツリークラブ(共通・外国籍)袖ヶ浦カンツリークラブ(共通)袖ヶ浦カンツリークラブ(共通)(平日)袖ヶ浦カンツリークラブ(新袖コース単独)