ゴルフ会員権ニュース
NEWS
ニュース年月
年月

アマの金谷拓実がツアー初優勝 石川、松山に続き4人目! 2019年11月18日

男子ゴルフ・「三井住友VISA太平洋マスターズ」(静岡県・太平洋クラブ御殿場、7,262ヤード、Par70)で17日、
アマチュアの金谷拓実が、最終18番ホールをイーグルを奪い、ショーン・ノリス(南アフリカ)に1打差で競り勝った。
金谷はこの日、1イーグル、6バーディ、3ボギーの65で回り通算13アンダー、ショーン・ノリスは12アンダー、
3位のY.Eヤン(韓国)は8アンダー。

男子ツアーも残すところ3試合と僅かとなりました。
金谷選手も早い時期にプロに転向し、男子ツアーを大いに盛り上げて貰いたいと期待した方も多かったのではないでしょうか。

 アマチュアのツアー優勝者
  1980年  倉本 昌弘(中四国オープン)
  2007年  石川 遼(マンシングウェアオープンKSB杯)
  2011年  松山 英樹(三井住友VISA太平洋マスターズ)
  2019年  金谷 拓実(三井住友VISA太平洋マスターズ)

金谷拓実(かなや たくみ)
 1998年5月23日生まれ、21歳
 広島県出身、172cm、62Kg 
 国籍は日本、現在、東北福祉大3年生

 5歳で競技ゴルフを始め、2015年に「日本アマチュア選手権」を史上最年少の17歳51日で制した。
 同年の「日本オープン」では、11位に入りローアマチュアの年少記録を更新した。
 17年の「日本オープン」では、池田勇太と優勝を争いを演じ、惜しくも1打差で2位となった。
 18年は「アジア・パシフィック・アマチュア選手権」で松山英樹に次ぐ、日本人2人目の優勝を果たした。
 19年「マスターズ・トーナメント」の出場権を獲得し、決勝ラウンドまで進んだ。
 今度の「三井住友VASA太平洋マスターズ」での優勝は、松山英樹以来の史上4人目のアマチュア優勝となった。

千葉夷隅GC(千葉)名義書換料半額キャンペーンの期間を延長 2019年11月14日

千葉夷隅ゴルフクラブは、2019年12月31日までとしていた「第三者への名義書換料半額キャンペーン」のキャンペーン期間を2020年12月31日まで1年間延長する。

個人正会員      800,000円 → 400,000円
個人平日会員     400,000円 → 200,000円
法人正会員     1,600,000円 → 800,000円
法人平日会員     800,000円 → 400,000円     

千葉夷隅ゴルフクラブ

四街道GC(千葉)リニューアルオープンは11月1日 2019年11月08日

四街道ゴルフ倶楽部は11月1日にリニューアルオープン。
4月に乗用カートを導入、8月からは「日本一女性にやさしいゴルフ場」をコンセプトに、クラブハウスの内装やロッカールームの改修や増設、浴室の改装やパウダールームの新設などと、コースのグリーンの張替えなどを実施。レストランでは女性向けのメニューを多数提供するという。
同倶楽部はアクセスが良く、コースは初級者や女性に人気が高いが、上級者も楽しめるレイアウトになっている。

キャスコ花葉C空港C(千葉)リニューアルでクローズ 2019年11月08日

キャスコ花葉CLUB空港コースは、リニューアルのため約2年間クローズの予定で、今期の営業は12月1日までで終了。

キャスコ花葉CLUB・空港コース

霞ヶ関CC(埼玉)歴史やコースの動画や写真を公開 2019年11月06日

東京オリンピックのゴルフ会場となる霞ヶ関カンツリー倶楽部は、倶楽部の歴史やコースなどを国内外の方に知ってもらうため、測量時や造成時、戦時下の8ミリや16ミリフィルムの動画や写真を電子化、『デジタルミュージアム(Digital Museum)』としてホームページから見られるようにした。ビジターサイト、メンバーサイト、英語版がある。過去の大会もダイジェストで見ることができる(期限付き)。コース経験がない国内外の一般の方でもオリンピックコースが予習できるという。10月17日より一般公開。

霞ヶ関カンツリー倶楽部

笠りつ子プロ、不適切発言を謝罪 2019年11月06日

マスターズGCで開催されたマスターズGCレディースで問題になった不適切発言に関し、笠りつ子プロが個人のオフィシャルサイトや報道機関を通じ自筆の謝罪文を公開、言動の真相には触れていないが、当面のツアー出場を自粛し、協会の処分決定後改めてお詫び報告をするという。
問題となったのは、ゴルフ場のお風呂にタオルを置いていないことに対しコースの副支配人に「頭が固い、死ね」など捨てぜりふを吐いたということ。同ゴルフ場ではタオルがなくなることが続き、LPGAと大会運営側の協議でタオルを置かなくなったという。

静岡C浜岡C&H(静岡)12月に小笹コースをリニュールオープン 2019年11月01日

静岡カントリー浜岡コース&ホテルは小笹コースの改修工事が完了、18ホールのコースとして12月5日にリニューアルオープン。
ホームページでは小笹コースは開場50周年記念事業として、改修を世界的コース設計家のリース・ジョーンズ氏に依頼、遠州灘を見下ろす雄大な景観と戦略性を増したコースセッティングを両立した新しいコースに生まれ変わると紹介している。
改修はグリーンを1グリーンにするほか、フェアウェイのオーバーシードを十数年ぶりに行ったという。また、ホールの一部組替えをして18ホール、パー72(アウト52・イン37)、6621ヤード(チャンピオンティ)になる。
11月5日から予約受付開始、12月5日~30日までは浜岡コース正会員(ゴールド会員含む)限定で、来年1月2日~2月29日までは浜岡コース正会員1名に対して同伴のビジター1名までとなっている。

静岡カントリー浜岡コース&ホテル