ラウンドレポート
REPORT

江戸﨑カントリー倶楽部(茨城県 昭和39年開場 設計:日本緑化土木) プレー日:2017年12月11日

バック
東コース:18H/P72/7062y
南コース:18H/P72/6685y
レギュラー
東コース:18H/P72/6346y
南コース:18H/P72/6302y
コースレート
東コース:73.0
南コース:71.4
開場日 昭和 39年11月21日
会員数 正 2146 名  平日 402 名  週日 243 名
経営会社 緑産業株式会社
プレースタイル 東コース:キャディ付・徒歩又はセルフ乗用カート
南コース:セルフ乗用カート
アクセス 圏央道・稲敷ICより3km
電車JR常磐線・佐貫駅下車
クラブバス佐貫駅より運行 土日祝 8:00 8:30  平日 8:30
お問い合わせ ≫お問い合わせフォームへ
江戸崎カントリー倶楽部は昭和39年開場の東18ホール、南18ホールからなる赤松林に囲まれた個性的かつ戦略性の高い林間コースです。
東コースはキャディ付き歩いてのラウンドになり、セルフの場合は2人乗りの乗用カートです。南コースはセルフで乗用カートでのラウンドになります。
平成26年に開場50周年を迎え、更なる飛躍に向け新たなスタートを切りました。50周年事業として東コースの高麗グリーンをベントグリーンに変更、カート道路の整備、バンカー71ヶ所の改修工事を実施しました。
来年以降は3年計画で南コースのグリーンの改造・張替を行う予定です。
当コースはBetter Edosaki運動と称し、会員と会社が一体になってより良いコース造りを進めております。会員及びボランティアによる目土であったり、各委員会の活動も活発で、会員の愛着度が推し量れます。
毎年会員総会を開催し、事業報告及事業計画の説明をしています。株主会員制のゴルフ場ならともかく、預託金制のゴルフ場では非常に稀なケースです。



今回はゴルフ場のお招きにより東コースをレギュラーティからラウンドです。
朝、クラブハウスに車を付けると、なんと江戸崎カントリーの社長自らキャディバックの積み下ろしをしていました。びっくり、恐縮です。

ドライビングレンジ・アプローチ練習場の設備も整っています。
倶楽部競技年間40回、参加者5,797名と多く、倶楽部競技も盛んで、アスリートゴルファーに喜ばれています。
グリーンはAグリーン、Bグリーンとベントの2グリーン。
ピンフラッグは3色あり、赤は手前、白は中央、黄色は奥と遠くからでも分かり易くなっています。
又、グリーンのカップの内側に白色のリングをはめ込んでありロングパットでも目立ちます。

コースの特徴はなんて言っても松です。ホール両サイドの松林、フェアウエイに点在する松、グリーン周りの松。ハザードとして戦略性を高める役目は勿論のこと、借景を盛り立てています。
フェアウエイも打ち下ろしや打ち上げ等適度な傾斜があり、プレーに高度な技術を要求しています。過去に、関東オープン、デサントクラックマンシング、東ハトレディース等のプロのトーナメントが開催されたことが物語っていますが、かなりポテンシャルの高いレイアウトになっています。

プレーヤーは当日コースにそれぞれの物語を求めます。江戸崎CCはそんなプレーヤーのわがままに素直に答えてくれるコースです。ティに立つと胸が泡立つほど挑戦意欲を沸かせるホール、しばし見とれてしまうほど造形の美しいホール、いつまでも脳裏に映像として残るホールがいくつもあります。

フェアウエイの状態もよく、改修したバンカーも素晴らしく、1度でもラウンドしたプレーヤーは江戸崎カントリー倶楽部に魅了される事でしょう。自信をもってお勧めできる正統派林間コースです。

                                                          プレーヤー  松江 圭一
HOLE123456789TOTAL
PAR53444345436
HOLE101112131415161718TOTAL
PAR54434434536
東1:Par5/Black525y/White485y
距離の短めのロングホール。ロングヒッターは2オンの誘惑に駆られる。
グリーン手前の松の木に注意が必要。
東2:Par3/Black145y/White125y
距離が短めだがAグリーンの場合は右手前の松の木とバンカーが目に入る。

東3:Par4/Black400y/White370y
右サイドはグリーンまでOB。ティーショットの落としどころが右に傾斜しているので、左サイドから攻めたい。
東4:Par4/Black455y/White420y
距離のあるミドルホール。残り200ヤード地点から下り傾斜となっているので、セカンドショットは左下がりのライになる。
東5:Par4/Black460y/White392y
距離のあるストレートなミドルホール。左右の林に圧迫感を感じる。
セカンドショットは花道が開けているので手前から。
東6:Par3/Black220y/White165y
距離が長めのショートホール。グリーン手前のバンカーを避けたい。
東7:Par4/Black370y/White338y
ティインググランドに立つとフェアウエイに点在する松の木に注意が注がれる。距離が短いので、ドライバー以外の選択肢も。
AグリーンとBグリーンの間の松林に注意。
東8:Par5/Black539y/White487y
ティーショットは右サイドのバンカーと松の木を避けたい。
セカンドでは左の林が目につく。
東9:Par4/Black390y/White360y
ストレートなミドルホール。レギュラーティから240ヤード地点、左サイドに池が隠れていますので注意が必要。
東10:Par5/Black540y/White494y
写真では逆光で分かりづらいが右サイドはOBのロングホール。
セカンドはグリーン手前のヒマラヤ杉を避けて攻めたい。
東11:Par4/Black435y/White403y
距離もある緩やかな右ドッグのミドルホール。
右に落とすとトラブルになる。
東12:Par4/Black380y/White345y
左にドッグレッグした打ち下ろしの短めのミドルホール。
龍ヶ崎カントリー倶楽部の10番ホールを彷彿させるレイアウトになっている。
ティーショットはドライバー以外のクラブでOK.
グリーンは砲台で手前には深いバンカーが待ち受けている。
当コースで一番印象に残るホールです。
東13:Par3/Black165y/White145y
若干打ち上げのショートホール。グリーン手前のバンカーに注意。

東14:Par4/Black415y/White375y
右サイドはOBでフェアウエイが右傾斜の為、狙い目は左。グリーン手前130ヤードから下り傾斜なっている。
東15:Par4/Black450y/White420y
距離もあり難しいミドルホール。右サイドのアゴの高いクロスバンカーを避ける事が絶対条件。フェアウエイに点在する松の木がスタイミーになる事も。
東16:Par3/Black185y/White157y
ティインググランドとグリーンの間に松の木が点在する美しいショートホール。グリーンはバンカーに囲まれているので、キャリーで攻めなければならない。
東17:Par4/Black458y/White395y
ティーショットは右のケヤキの左側が狙い目。ケヤキの右サイドに運ぶとAグリーンの場合は右の松林がスタイミーになる。
東18:Par5/Black530y/White470y
ティーショットの落としどころ左右にバンカーを配し、フェアウエイを絞っています。飛ばし屋に有利なロングホール。
江戸崎カントリー倶楽部 施設ガイド
クラブハウス 駐車場より
クラブハウス コース側より
クラブハウス コース側より
レストラン
ラウンジ
テラス
テラスからの眺望 練習グリーンを望む
テラスからの眺望
ドライビングレンジ 230ヤード 20打席
ドライビングレンジ
アプローチ練習場
アプローチ練習場
パッティンググリーン
パッティンググリーン 東コース
パッティンググリーン 南コース
ロッカールーム
駐車場
第2駐車場
スコアカード
スコアカード

TOP