ゴルフ会員権相場
MARKET

伊豆スカイラインカントリー倶楽部

お見積り 購入依頼 売却依頼 お問い合わせ お天気 地図 ニュース HP
基本情報
コース所在地 静岡県伊豆市上白岩2067−2
電話番号 0558−83−2222
予約電話番号
経営会社名 伊豆スカイラインカントリー株式会社 (経営母体:株式会社船カンショートコース) 
経営会社住所 静岡県伊豆市上白岩2067−2
経営情報
コース詳細 *令和元年5月1日より会員募集等のため名義書換停止(無期限)

*名義書換料改定(H26/7/6~)
正会員     250,000円 → 100,000円      
平日会員    125,000円 →  50,000円
ホール数 18H   P72   6753Y
設計者 南郷 茂治
加盟団体 JGA・KGA
コースレート 70.3
開場日 昭和 42年10月10日
会員名簿 平成 8年度
会員数 1223 名
定休日 毎週火曜日(祝日は除く、セルフ営業),1月1日
練習場 250Y 10打席  アプローチ・バンカー
宿泊施設 なし
系列コース
アクセス 小田原厚木道路・小田原西ICより48km
電車JR伊東線・宇佐美駅、伊東駅下車
クラブバス宇佐美駅より運行(予約制)
コース概要 アウト・フェアウエイが広く、トリッキーなホールもないので、豪快なプレーを楽しめる。
イン・全体にフラットだが、正確なショットが要求される。
会員情報
正会員 平日会員(土曜日利用可能) 平日会員(土曜日利用不可)
名義書換料 (万円・税別) 停止中
入会預託金 (万円) 0 0 0
年会費 (万円・税別) 3 1.5 0
入会条件 ・紹介者:正会員1名(署名捺印)
・常務理事による面接あり
・女性入会:制限なし
・法人⇔個人
証券サンプル
地図
伊豆スカイラインカントリー倶楽部

ゴルフ関連NEWS

伊豆スカイラインCC(静岡)会員募集を見直し 2019年05月17日

伊豆スカイラインカントリー倶楽部は会員募集を見直す方針で、会員権の名義書換を5月1日より停止。
同倶楽部では、退会による会員数減少のため補充会員募集を税込330,000円で行っていたが、入会者数が減ってきたため金額面で見直す方針。
また、同倶楽部を経営する伊豆スカイラインカントリー㈱は平成27年8月に船カングループに経営交代し、昨年10月にはオーナーが、今年1月には代表者が交代した。新オーナー会社は韓国で太陽光発電・風力発電を行っている大明GEC。同CCは海外からのインバウンド需要も期待しており、新代表者の黄氏は総支配人として同CCに常駐。今年2月下旬、新型乗用カートや最新式GPSナビも導入している。

伊豆スカイラインカントリー倶楽部

伊豆スカイラインCC(静岡)親会社交代 2015年07月27日

エコナックホールディングス(株)は連結子会社の伊豆スカイラインカントリー(株)の株式を、ゴルフ場経営の(株)船カンショートコースに譲渡すると発表。譲渡契約締結日は8月1日、株式譲渡実行日は3日、譲渡価格は3億1300万円。 (株)船カンショートコースは練習場とショートコースのリトルグリーンヴァレー船橋を経営。姉妹会社の(株)船橋カントリー倶楽部が船橋カントリークラブを経営。エコナックホールディングス(株)と(株)船橋カントリー倶楽部は縁があり、(株)船橋カントリー倶楽部がエコナックの筆頭株主(現在は10%未満)になるなど積極的に投資し、(株)船カンショートコースもエコナックの株式を2.22%保有している関係にあった。ゴルフ場のホームページも従来から伊豆スカイラインと相互リンクしていた。 エコナックでは今後、主力の不動産業と温浴施設に注力したい考えで、新宿歌舞伎町にスーパー銭湯「テルマー湯」を開業。同社は東証で注目株となっている。

伊豆スカイラインカントリー倶楽部

伊豆スカイライン(静岡)エコナックHの傘下に 2010年10月12日

東証第1部上場のエコナックホールディングス(株)が伊豆スカイラインCCを経営する伊豆スカイラインカントリー(株)の親会社になることが判明、半年間に3度目の親会社交代となった。 同社が取得したのは発行済み株式の52.87%の40万3300株。投資を行うイトウギンインベスターズハウス(株)から2億7827万7000円で取得。 同社は不動産事業中心の事業持株会社。同社の戦略はゴルフ場の未利用地・非効率用地を活用し、収益拡大へと繋げていくこととしており余剰地での別荘開発等を検討している。伊豆スカイラインCCは広大な魅し用地を保有しており事業上の価値が高いと判断したという。

伊豆スカイラインカントリー倶楽部

伊豆スカイラインCC(静岡)白石都市開発系列へ 2010年03月19日

ジャスダック上場のオメガプロジェクト・ホールディングス(株)は、子会社の(株)サボテンパークアンドリゾートが保有する伊豆スカイラインCC経営の伊豆スカイラインカントリー(株)の株式を白石都市開発(株)に譲渡すると発表した。 オメガ社は、伊豆スカイラインカントリー(株)発行済み株式の内、44.5%にあたる33万9200株を保有しており2億3000万円で売却する。

伊豆スカイラインカントリー倶楽部

TOP