ゴルフ会員権相場
MARKET

唐沢ゴルフ倶楽部

お見積り 購入依頼 売却依頼 お問い合わせ お天気 地図 ニュース HP


基本情報
コース所在地 栃木県佐野市富士町1(唐沢コース)  栃木県佐野市岩崎町1975(三好コース)
電話番号 0283−24−2525(唐沢)  0283-62-4111(三好)
予約電話番号
経営会社名 一般社団法人唐沢ゴルフ倶楽部  (施設所有会社)唐沢観光株式会社 
経営会社住所 栃木県佐野市岩崎町1975(三好コース)
経営情報 ※平成29年3月 一般社団法人制に移行
コース詳細 ※一般社団法人移行記念キャンペーン「入会金及び名義書換料の特別料金受付」
2019年6月末日で終了、7月1日より名義書換料改定。
*名義書換料(税別)・・(内訳 書換料+入会金)     ⋆この入会金は返金無し
個人正会員       300,000円(50,000円+250,000円) → 450,000円(50,000円+400,000円)
同一法人内登録変更   125,000円(25,000円+100,000円) → 200,000円(50,000円+150,000円)
相続・贈与(二親等以内)100,000円(25,000円+ 75,000円) → 150,000円(50,000円+100,000円)
平日会員        125,000円(25,000円+100,000円) → 200,000円(50,000円+150,000円)
ホール数 18H   P72   6500Y
設計者 陳 清水
加盟団体 JGA・KGA
コースレート 69.2(唐沢)  72.2(三好)
開場日 昭和36年4月13日(唐沢)  昭和50年4月29日(三好)
会員名簿 平成 8年度
会員数 正会員1677 名
定休日 1月1日
練習場 230Y 20打席  アプローチ・バンカー (唐沢)  250Y 15打席  アプローチ・バンカー (三好)
宿泊施設 紹介あり
系列コース
アクセス 東北自動車道・佐野藤岡ICより6km、佐野SAスマートICより4km(唐沢) 北関東自動車道・佐野田沼ICより6km(三好)
電車JR両毛線、東武佐野線・佐野駅下車(唐沢) JR両毛線・佐野駅下車/東武佐野線・田沼駅下車(三好)
クラブバス(唐沢)平日に限り3名より佐野駅まで送迎(事前申込) (三好)田沼駅よりタクシー約7分・佐野駅よりタクシー約20分
コース概要 日光連山、日光国立公園を背景とした県立公園唐沢山の南麓に位置しており、各ホールから関東平野が一望できる。自然美と気候に恵まれ、四季折々の情緒が存分に味わえる。コースは全体的にコンパクトで、グリーンの微妙なアンジュレーションが頭脳的プレーを要求する。



≫ラウンドレポートを見る
備考
会員情報
正会員 平日会員(土曜日利用可能) 平日会員(土曜日利用不可)
名義書換料 (万円・税別) 45 20
入会預託金 (万円) 0 0 0
年会費 (万円・税別) 4 2 0
入会条件 ・年齢20歳以上の日本国籍者
・外国籍入会:不可
・推薦保証人:在籍5年以上の正会員1名
・4週間の公示有
・面接あり(人物本位重視)
・女性入会:女性名義から
・法人⇔個人(法人は1口2名記名式の為「個人→法人」の場合は個人会員権が2口必要)
証券サンプル・会報等
地図
唐沢ゴルフ倶楽部

ゴルフ関連NEWS

唐沢GC(栃木)名義書換料減額キャンペーンを延長 2018年06月04日

唐沢ゴルフ倶楽部は一般社団法人以降記念の入会金・名義書換料期間限定減額キャンペーンを30年6月30日までとしていたが、平成30年12月31日まで延長。
正会員は税別で通常60万円を半額の30万円(入会金25万円、名義書換料5万円)、平日会員は通常25万円を12万5000円(10万円、2万5000円)で受け付ける。2親等内相続15万円は7万5000円、法人内名義書換25万円は12万5000円となる。

唐沢ゴルフ倶楽部

唐沢GC(栃木)名義書換料半額期間を6か月延長 2017年12月22日

唐沢ゴルフ倶楽部は一般社団法人移行記念キャンペーンを平成30年6月30日まで延長する。入会金・名義書換料を期間限定で半額にするもので、正会員は通常60万円(入会金50万円、名義書換料10万円)を30万円(25万円、5万円)に、平日会員は通常25万円(20万円、5万円)を12.5万円(10万円、2.5万円)で受け付ける。2親等以内相続は15万円が7.5万円、法人内名義書換は25万円が12.5万円となる。

唐沢ゴルフ倶楽部

唐沢GC(栃木)名義書換再開、特別料金も 2017年06月19日

 唐沢ゴルフ倶楽部は1月より一般社団法人唐沢ゴルフ倶楽部の運営に移行、新体制が整ったとして停止していた名義書換を6月20日より再開、12月31日まで以降記念の特別料金で受け付ける。
 正会員は税別で通常60万円を半額の30万円(入会金25万円、名義書換料5万円)、平日会員は25万円が12万5000円(10万円、2万5000円)。
 証書の扱いは一般社団法人制への移行に伴い、唐沢観光㈱発行の入会保証金預り証は原則無効だが、一部有効な証書もあるので取り扱う時には確認が必要。旧証書は一般社団に入会していないためクラブ競技への制限などがある。新証書は一般社団法人唐沢ゴルフ倶楽部の会員権証書となっている。
 同倶楽部の一般社団法人制移行については、預託金償還問題をクリア、名実ともに会員中心の運営とするべく会員大半の賛同を得て取り組んだ。預託金会員は預託金の70%を、株式会員は株式満額を社団基金として拠出。預託金会員の残り30%は退会により返還されるが平成33年6月30日以降の退会を条件とし、年1回年間償還原資額の範囲内で抽選又は按分により償還する。
 移行後のクラブ概要をホームページで公開している。なお7月には陣容を一新する。

唐沢ゴルフ倶楽部

唐沢GC(栃木)一般社団法人へ移行 2017年05月19日

 唐沢ゴルフ倶楽部は会員の9割以上の賛同を得て一般社団法人での運営に転換、預託金償還問題をクリアしたという。
 同倶楽部では平成26年5月から分割での返還としたものの、それまでは請求に応じ順次返還、残る預託金は約20億円で、それまでの返還請求の推移と会員の平均年齢が65歳であることから今後も増加が予想され、営業利益や余剰資金をもってしても返還できない状況になっていたため、従来の預託金会員制度から一般社団法人会員制度に変更することになった。
 新たに設立した一般社団法人唐沢ゴルフ倶楽部が、施設保有の唐沢観光㈱から賃借し事業主体となりゴルフ場を運営。会員は唐沢観光との会員契約を一旦解除、預託金会員は預託金の一部(70%)を、株式会員は株式を社団の基金として拠出、社団は唐沢観光の親会社となるとともに最大の債権者となり、預託金の保全が可能とした。

唐沢ゴルフ倶楽部

唐沢GC三好コース(栃木) ベント2グリーン化 2009年05月25日

唐沢ゴルフ倶楽部三好コースは4月10日より新ベントグリーンの使用を開始した。ほぼ2ヶ月ごとに旧グリーンと交互にグリーンを変えて使用する。 三好コースは連盟競技や、倶楽部のメジャー競技を開くメインコース。会員からも要望があり2ベント化した。

唐沢ゴルフ倶楽部

TOP