ゴルフ会員権相場
MARKET

塩原カントリークラブ

お見積り 購入依頼 売却依頼 お問い合わせ お天気 地図 ニュース HP
基本情報
コース所在地 栃木県那須塩原市折戸148
電話番号 0287−35−2211
予約電話番号
経営会社名 株式会社 塩原ゴルフクラブ 
経営会社住所 栃木県那須塩原市折戸148
経営情報 2018(30)/2/23 民事再生計画認可決定
              (上告等異議申し立てあり)
2018(30)/3/23 裁判終結
ホール数 27H   P108   10386Y
設計者 相山 武夫
加盟団体 JGA・KGA
コースレート 70.7
開場日 昭和 44年4月14日
会員名簿 平成 10年度
会員数 正会員1597名  平日会員204名
定休日 無休
練習場 250Y 17打席  アプローチ・バンカー
宿泊施設 なし
系列コース
アクセス 東北自動車道・西那須野塩原ICより8.5km
電車東北新幹線・那須塩原駅下車
クラブバス那須塩原駅より運行(予約制)
コース概要 北コース:距離の長いホールと短いホールがミックスしている。アプローチの出来次第で高スコアも期待できる。
中コース:距離はないが、全部砲台グリーンで小さく、バンカーでガードされているので、慎重に攻めること。
南コース:3コース中、距離が一番長いので、ロングヒッター向き。
備考
会員情報
正会員 平日会員(土曜日利用可能) 平日会員(土曜日利用不可)
名義書換料 (万円・税別) 2020/10/31まで
30→3
2020/10/31まで
15→1.5
入会預託金 (万円) 0 0 0
年会費 (万円・税別) 2.5 1.2 0
入会条件 ・保証人:会員1名
・面接あり
・女性入会:可
・外国籍入会:原則不可(入会希望は事前にコースへ相談)
・法人→個人(分割可、同時書換のこと),個人→法人 不可
証券サンプル・会報等
地図
塩原カントリークラブ

ゴルフ関連NEWS

塩原CC(栃木)自主再建型の再生計画案のみで決議 2017年11月27日

 塩原カントリー倶楽部を経営する㈱塩原ゴルフ倶楽部は、7月7日に民事再生法の適用を申請したが、一時会員債権者側からも計画案が提出され会社案との対立が懸念されたが、11月2日に会員債権者側が提出した再生計画案を付議しない排除決定が出され会社案のみで決議が行われる(12月27日)。
 会社側の再生計画案は、ゴルフ場を営業しながら再建を目指す自主再建型。弁済条件は預託金等の債権を80%カット、残り20%を、継続会員は新預託金(10年据置き)に、退会会員・一般債権者は平成30年から34年まで毎年5月末日限り均等分割で弁済。
 同社では、預託金償還問題を解決すれば会員権相場も回復すると確信しているとし、平成34年に開催される第77回国体において同CCが会場に選定されており、これにむけ30年からコースの大規模な改修工事を実施、コースを最高の状態に仕上げる計画と説明。
 一方、会員債権者の一部が提出していた再生計画案は、宇都宮ガーデンゴルフクラブを経営するガーデンゴルフクラブ㈱にゴルフ場を事業譲渡する案であったが、事業譲渡を再生債務者と株主が拒否したり、土地の地主が反対しているなどから事業譲渡の実現可能性がなく再生計画の遂行される見込みがないため会社案のみでの決議になった。

塩原カントリークラブ

塩原CC(栃木)民事再生法を申請 2017年07月14日

 塩原カントリークラブを経営する㈱塩原ゴルフクラブは預託金償還問題解決の見通しが立たないとして7月7日に民事再生法の適用を申請、同日付で弁済禁止保全命令、監督命令が下された。
 同CCは昭和44年4月に18Hで仮開場、46年に27Hで正式開場。開場当初は1300名会員募集、当時の預託金額は20万円が中心で低額なことから預託金返還請求がなされることはなく預託金償還問題は顕在化しなかった。平成4年に25周年記念で預託金が1200万円と2400万円の会員を募集。償還期限が10年ということで平成14年頃償還期限到来、ゴルフ場会社に返還原資は存在せず、預託金の10%を返還、残額は据置期間を15年間延長することで預託金問題を乗り切った。平成29年6月から30年12月にかけて追加募集会員の総額約3億4800万円の預託金償還期限が到来。また追加募集会員以外にも退会し預託金返還を求める会員も多く、それらの預託金も返還できない状況にある。ゴルフ場会社では預託金を返済する原資がなく、今後も償還を求める会員の増加が見込まれることから今回の申立に至った。
 平成29年3月31日現在の負債合計は12億887万円、純資産合計は5688万円、負債額は11億円の見込み。

塩原カントリークラブ

塩 原CC43万500円でプレー会員権の募集 2006年08月09日

昭和44年に開場した下野新聞系列の塩原カントリークラブ(27H 栃木)は、今年春に預託金制で欠員募集を開始したが、入会希望者にプレー会員権を希望する声が多かったことから、預託金制と併行してプレー会員権の募集を8月1日から開始した。また、募集促進のために、8月1日から12月31日まで名変を停止する。募集金額は43万500円(入会金40万円、入会手数料1万円、消費税2万500円)となっている。預託金制の募集金額は60万円なので、割安で入会できる。募集定員は預託金制(現在90名近くが入会)と合わせて約200名。同CCの高橋正明社長によると「預託金制で募集を行っていたが、数十名の入会希望者から”預託金が戻ることは期待していない。預託金ナシの募集も考えてほしい”との希望があったので、理事会に諮って募集を開始した」と説明している。

塩原カントリークラブ

塩 原CC欠員補充で個人正60万円他で募集 2006年03月17日

昭和44年に開場した下野新聞系列の塩原カントリークラブ(27H 栃木)は、クラブ活性化等もあり欠員会員補充募集をこのほど開始した。正会員の募集で、募集金額は個人が60万円(預託金30万円=20年据置き、入会金30万円=消費税込み)、法人(2名記名)が120万円(同60万円、60万円)となっている。入会条件は�@会員の紹介とゴルフ場の推薦、�Aクラブの入会審査の資格基準に適合、などで年齢制限はない。

塩原カントリークラブ

TOP