ゴルフ会員権相場
MARKET

小金井カントリー倶楽部

お見積り 購入依頼 売却依頼 お問い合わせ お天気 地図 ニュース HP
基本情報
コース所在地 東京都小平市御幸町331
電話番号 042−381−1221
予約電話番号
経営会社名 小金井ゴルフ株式会社 
経営会社住所 東京都小平市御幸町331
経営情報
コース詳細 平成17年(2005)/4/27  新ハウス竣工
ホール数 18H   P72   6687Y
設計者 ウォルター・ヘーゲン
加盟団体 JGA・KGA
コースレート 72.2
開場日 昭和 12年10月3日
会員名簿 平成18年発行
会員数 正会員429 名  平日会員15 名
定休日 毎週月曜日,12月31日・1月1日
練習場 180Y 10打席  アプローチ・バンカー
宿泊施設 なし
系列コース
アクセス 中央高速・調布ICから9.3km
電車JR中央本線・新宿~武蔵小金井駅下車 23~28分
クラブバスなし  西武バスで約10分
コース概要 戦前から残っているコース。株主会員制。
武蔵野の面影を残す雑木林などでセパレートされたこのコースは、手作りのため、自然の地形やアンジュレーションがあり、巧みに配置されたバンカーと相まってコースを面白くしている。
備考
会員情報
正会員 平日会員(土曜日利用可能) 平日会員(土曜日利用不可)
名義書換料 (万円・税別) 1500
入会預託金 (万円) 0 0 0
年会費 (万円・税別) 80歳未満30、80歳以上25 0 80歳未満18、80歳以上15
入会条件 ・日本国籍の35歳以上の男子
・女性入会:不可
・外国籍入会:不可
・紹介者:会員2名(いずれも正会員として在籍3年以上且つ平均月1回以上来場される会員、あるいは在籍5年以上の正会員に限る)
・小金井ゴルフ㈱の株主であること。(但し入会申込みは株式取得前でも行うことが出来る。その場合は入会承認後6ヶ月以内に株式を取得すること。)
・原則として他クラブに在籍していること。クラブ在籍証明書とハンディキャップ証明書を提出。
・入会の紹介は1会員年2回
・面接及び同伴プレー有
・法人入会:不可
証券サンプル・会報等
地図
小金井カントリー倶楽部

ゴルフ関連NEWS

小金井CC(東京)株式取得前でも入会申し込み可 2018年11月26日

 小金井カントリー倶楽部は、経営会社の小金井ゴルフ㈱の株式取得前でも入会申し込みができるよう入会条件の一部を変更。
 入会条件で、「株式の取得」は「小金井ゴルフ㈱の株主であること」が条件だったが、「小金井ゴルフの株主であること。但し入会申し込みは株式取得前でも行うことができる。その場合は入会承認後6カ月以内に株式を取得すること」と変更。「紹介者の資格」は「紹介者は2名必要。いずれも特別会員又は正会員として在籍3年以上且つ平均月1回以上来場される会員、あるいは在籍7年以上の正会員又は平日会員に限る」だったが、「紹介者は2名必要。いずれも正会員として在籍3年以上且つ平均月1回以上来場される会員、あるいは在籍5年以上の正会員に限る」と改め、「他クラブ在籍」は、「他クラブに在籍している場合クラブ在籍証明書及びハンディキャップ証明書を提出」だったが、「原則として他クラブに在籍していること。クラブ在籍証明書とハンディキャップ証明書を提出すること」と変更した。

小金井カントリー倶楽部

小金井CC(東京)10月18日はキャディーの日 2018年06月29日

 小金井カントリー倶楽部を経営する小金井ゴルフ㈱は、日本記念日協会に登録し毎年10月18日がキャディーの日に制定されたとニュース配信。
 同倶楽部では、ゴルフ場でプレイヤーを支えてくれるキャディーの皆さんに感謝する日とするのが目的としている。日付の由来は1=ゴルフのピン、0=ホール、18=ワンラウンドの標準的なホール数。日本でのゴルフのさらなる発展を願って、一般社団法人・日本記念日協会に登録し公認を受けたという。
 同倶楽部は、東京の都心にありながら豊かな自然を味わえるコースで、特に良質のホスピタリティでキャディへの信頼度・満足度は高いと評価を得ていると紹介。小金井のキャディは自ら考え自ら行動することを心掛けているとの心得も紹介している。同倶楽部のプレーは原則キャディ付で、40名が対応できる体制となっている。

小金井カントリー倶楽部

小金井CC(東京)官報で資本金減資を公告 2017年04月17日

 小金井カントリー倶楽部を経営する小金井ゴルフ㈱は、資本金の減資広告を3月31日付の官報で行った。資本金の額を13億2000万円減少し4000万円にする。13億2000万円はすべて資本準備金とする。支配人は、「従来の資本金では大企業扱いとなり一旦軽くする。増資予定はなく、発行する株式は変わらない」という。
 同社は有価証券報告書を提出。昨年度は降雪によるクローズの影響もあり、営業日数は前期比17日減の319日で総来場者数は1093名減少の2万7690名。営業収入は717万減少、営業損益は2億3249万円の損失となった。その中でも会員移動に伴う入会金収入は1億6500万円で1950万円増えたとしている。当期純損益は6562万円となっている(前期は3970万円)。
 今年度の設備投資は、芝の張替え、コース機械等購入、キャディカート購入で総額6989万円余り。

小金井カントリー倶楽部

小金井CC(東京)名義書換料・年会費を値上げ 2014年12月22日

株主会員制の小金井カントリー倶楽部は、1月2日より名義書換料を1200万円から1500万円(税別)に改定。また、年会費も平成27年度(1月〜)より、正会員が20万円から30万円に、平日会員が12万円から18万円に値上げする。但し、12月31日時点で満年齢80歳以上の方は正会員25万円、平日会員15万円となり、病気等で1年間来場できない方は据え置き。 平成26年度上半期決済報告ではコース管理費用の削減を図ることを目的として、、外注契約によるか自社で行うかどちらが会員の皆様方の充実したクラブライフを実現し将来にわたって安定した会社経営を図ることができるかを検討中との報告をしていたが今回、これまで通り自社でコース管理を行い会員に質の高いプレー環境を提供していきたいと説明している。

小金井カントリー倶楽部

小金井CC(東京)友好交流のゴルフ場を増やす 2014年10月29日

小金井カントリー倶楽部は、この秋から友好交流コースを増やしている。プレーの申し込みは支配人が行うほか、受入組数は年間15組や平日に制限している模様で、現在は9コースで他にも打診している。 小金井CCでは「地方の名門コースと友好交流を図ることでお互いに業界を活気づけたいと理事会で決定した。会員が地方に赴いた先で利用できるコースを増やすのと、お互いが1回でもコースを回り、それぞれのよいところを学びたい。もっとも関東7倶楽部の提携とは異なり1年ごとの変わるかもしれないので、対外的には広めておらず内々の制度です」と説明。 恒久的な内容ではないので会員の特典に含めるような提携ではないようだが、地方の会員を受入れることで閉鎖的ではない接客サービスを目指す小金井CCを知ってもらいたいと相乗効果も期待しているようである。

小金井カントリー倶楽部

小金井CC(東京)株主正会員募集終了 2010年03月24日

小金井カントリー倶楽部は6年ぶりに募集した株主会員の入会申込みを締め切った。 募集は6000万円で定員6名としていたが倍以上上回る申込みがあった模様で、入会審査により定員以内に絞り込む。 同倶楽部は平成15年、16年にも募集を行っているが定員には達しなかった。今回は定員は少なかったものの、募集前の正会員相場からすると割安感があり前回を上回る申込みとなったようである。

小金井カントリー倶楽部

小金井CC(東京)株主正会員新規募集 2010年02月08日

株主会員制の小金井カントリー倶楽部は、新規の株主正会員の募集をすることになった。それに伴い2月2日から6月13日まで名義書換を停止する。 募集金額は6000万円で、定員は6名。申込の期間は2月9日から3月12日までで払込期日は7月1日。同倶楽部の1月末の正会員相場が5800万円で募集金額に割安感があり注目される。 入会条件は35歳以上の日本人男性(女性不可)、在籍3年以上の正会員2名の推薦、プレーをする方などで、面接がある。年会費は21万円。

小金井カントリー倶楽部

TOP