至急物件
RAPID

東京国際ゴルフ倶楽部

物件内容 ・売り物件
概算費用
会員権代金 1,550,000
入会預託金
手数料 50,000
名義書書換料 1,000,000
年会費(参考、月割り可) (60,000)
合 計 2,660,000
お見積り 購入依頼 売却依頼 お問い合わせ お天気 地図 ニュース HP
基本情報
コース所在地 東京都町田市下小山田町1668
電話番号 042−797−7676
予約電話番号 042−797−7677
経営会社名 株式会社東京国際ゴルフ    042-797-6641 
経営会社住所 東京都町田市下小山田町1668
経営情報 2005/1/31会社更生法
2008/6/30更生法手続終結決定

2012/4/23シャトレーゼグループが経営権を取得
(系列コース:城山CC、東雲GC、甲斐ヒルズCC、昇仙峡CC、春日居GC、都留CC、ヴィンテージGC、シャトレーゼCC野辺山、小海リエックス・CC、富士見ヶ丘CC)

≫詳しくは「ニュース」(右上)をご参照下さい
コース詳細 ・同倶楽部の会員は(株)シャトレーゼホールディングス関連のゴルフ場(11か所)を平日に限りメンバー料金扱いでプレーできます
ホール数 18H   P72   6615Y
設計者 赤星 四郎
加盟団体 JGA・KGA
コースレート 71.8
開場日 昭和 36年
会員名簿 平成15年発行
会員数 正会員1686 名  平日会員843 名
定休日 無休
練習場 200Y 15打席
宿泊施設 なし
系列コース シャトレーゼグループ
アクセス 中央高速・国立府中ICより12km/東名高速・横浜町田ICより18km
電車小田急多摩線、京王相模原線・新宿~多摩センター駅下車 31~40分
クラブバスなし  多摩センター駅よりタクシーで10分 多摩センター駅南口より京王バスで7分  唐木田駅よりタクシーで3分
コース概要 多摩丘陵の変化に富んだ地形的条件を巧みに利用したレイアウト。

会員情報
正会員 平日会員(土曜日利用可能) 平日会員(土曜日利用不可)
名義書換料 (万円・税別) 100 60
入会預託金 (万円) 0 0 0
年会費 (万円・税別) 6 4 0
入会条件 ・年齢満20歳以上
・保証紹介者 在籍3年以上、年齢満40歳以上。推薦保証人が推薦できるのは年間3名まで(期間は暦年 1月〜12月)
・正会員入会の場合は推薦者は正会員。平日会員入会は正会員・平日会員で可能。法人会員は記名会員が在籍3年以上、40歳以上であれば入会希望者が個人・法人どちらも推薦保証紹介できる。
・女性→女性・法人→個人,法人→法人指定日に面接あり  再入会不可(3年間)
証券サンプル
地図
東京国際ゴルフ倶楽部

東京国際CC(東京)をシャトレーゼグループが取得 2012年04月27日

東京国際ゴルフ倶楽部はシャトレーゼ・グループの系列ゴルフ場になった。 同グループの(株)シャトレーゼホールディングスは同GCの施設保有の(株)東京国際ゴルフの普通株式を一般社団法人TKGより取得。また、同GCの旧経営会社の(株)東京國際カントリー倶楽部の更生計画に基づき、(株)東京国際ゴルフはスポンサー企業連合に転換社債を発行したが、これもシャトレーゼHDが取得したため同ゴルフ場の保有・経営・運営等の権利はシャトレーゼHDが握ったことになる。 ちなみに会員の処遇に変更はなく、シャトレーゼ入りすることで同GCの会員はシャトレーゼ系列の全ゴルフ場を平日に限りメンバー料金でプレーできる。また、昨年4月より新規入会者から名変預託金として正200万円、平100万円を徴収してきたが、この制度は6月に廃止。7月には名変預託金を払って入会した会員にその預託金を返還する。

東京国際ゴルフ倶楽部

東京国際GC(東京)名義変更預託金制度を導入 2010年02月17日

東京国際ゴルフ倶楽部は経営改善のため、4月1日より名義変更預託金制度を実施する。名義書換料(正会員105万円、平日63万円)の他に正会員200万円、平日120万円を徴収する。 会社更生計画では、弁済等の為に55億円必要とし、21.6億円は会員の拠出金で、33億円を(株)東京国際ゴルフ発行の転換社債をスポンサー企業連合に引き受けてもらったと同法人の会員に報告。この償還が完了すると会員制ゴルフ場になるとしている。 転換社債の償還の原資は運営受託料と名変料・会員登録料だが、会員権市場の悪化から名変件数が減少し、更生計画に沿った再建に狂いが出たため今回の決断となったといえる。

東京国際ゴルフ倶楽部

東京国際GC(東京)社会貢献活動に参加 2009年11月02日

東京国際ゴルフ倶楽部は、「TABLE FOR TWO」(TFT)のプログラムにゴルフ場としては初めて参加。 このプログラムは、開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に取り組む日本発の社会貢献運動で、カロリーを抑えたヘルシーメニューを開発し、売上から1食あたり20円をTFTに寄付。それをTFTが学校給食費として発展途上国の学校に配分する。 同GCでは、「けんちんうどん・そば」「八穀米の野菜カレー」を10月28日よりレストランにて提供している。

東京国際ゴルフ倶楽部

(株)東京国際CC他2社、更生計画案提出期限伸長 2006年08月07日

東京國際CC(18H 東京)と桜GC(27H 茨城)を経営する(株)東京國際カントリー倶楽部と運営会社2社の構成計画案提出期限が、大口担保権者の異議申立ての関係で、来年の1月31日までに伸長された。提出の伸長は昨年12月に続き2回目となる。伸長の理由について、(株)東京國際CC他2社は会員を含む債権者への通知で説明している。

東京国際ゴルフ倶楽部国際桜ゴルフ倶楽部

TOP