ゴルフ会員権基礎知識
KNOWLEDE

会員制ゴルフクラブの種類

預託金制 株式会社は一定の金額で会員を募集し、集めた預託金でゴルフ場を造成します。
集めた預託金10~15年程据え置かれ、退会時に返還します。
会員は、「預託金返還請求権」+「優先的プレー権」の権利を有しており、クラブの運営に参加することができます。
現在会員制ゴルフ場の80%以上がこの預託金制の形態をとっております。
株主会員制 会員が株主としてクラブに出資する形態。
株主なので議決権もあり経営に参加でき、クラブが解散になった時は、持ち株比率に応して配当が受けられます。
社団法人制 ・公益のため設立され営利を追求せず、体育の振興を・レ的とし、会員の権利が非常に強い会員制度です。
また会員は社団法人の社員となります。

社団法人制ゴルフ場は例外を除き会員は一代限りで、直結のみ継承を認めるケースがあります
・欠員の補充が時々有るが、メンバーの推薦等、入会は非常に難しい場合が多い。
(東京GC、霞ヶ関CC、鷹之台CC、広野CC、西宮CC、宝塚GC、茨木、など)

会員権の種類

正、平日、週日、法人、婦人など数種類あります。

正会員 定休日を除き全日メンバー料金にてプレーが可能です。クラブ競技にも参加できます。
平日会員
週日会員
定休日、祝日を除く月~土曜日、または月~金曜日にメンバー料金にてプレーが可能です。
*クラブにより、平日会員・週日会員・準会員・特別平日会員などの呼び名があり、月~金曜日かも異なります。
法人会員 会員になるときに法人名で登録し、登録記名人がメンバーとして利用することができます。
法人無記名は現在ほとんどありません。法人の取扱いは次のケースがあります。
(1)個人から法人(又は法人から個人)書換自由
(2)法人入会は2口以上に限る(個人を2口探し同時に手続き)
(3)個人から法人は書換不可(法人会員を増やしたくないクラブ)
(4)法人は法人からのみ書換可能
(5)人は個人は書換可能
など制限がある場合があるので注意を要します。
法人登録のメリットとしては 記名人の書換料が(2度目以降)半額になる場合が多いです。
地元会員権 クラブによって、入会される方の地域(ゴルフ場の近隣エリア)によって入会制限をしている場合があります。
入会制限エリアに居住の方はこの地元会員権を探して入会手続きをしなければ入会する事ができません。
地元会員権は数が少なく割高となります。

入会条件

ゴルフ場に入会する場合、各ゴルフ場が定めた入会条件があります。
入会したいゴルフ場の入会条件は事前に充分ご確認の上(当然当社にて調査致します)ご購入下さいませ。
以下主な入会条件を説明いたします。

年齢制限 例:18才以上、35才以上など。
女性制限 女性が入会する場合、現在女性名義の会員権を譲り受けなければ入会できない。
国籍制限 日本国籍者に限るまた、外国籍入会の場合は外国籍から譲り受けるなど。
他クラブ在籍者 入会希望者が既に他クラブ在籍している事を条件としており、尚かつ、JGA、KGA加盟クラブに限定している場合があります。
ハンディキャップ取得者 JGA(日本ゴルフ協会)、KGA(関東ゴルフ連盟)などに加盟しているコースで、ハンディキャップを取得している者。
紹介者、保証人 クラブにより紹介者・保証人(クラブの正会員が多い)が1~2名必要な場合があります。
具体的には、署名・捺印(認印)から、署名、実印を捺印して、かつ印鑑証明書を添付しまた別途推薦状も付けるなど、入会審査を紹介者、保証人に重きを置いている名門コースなどもあります。
理事の紹介 正会員の紹介者、保証人のそとに理事の紹介を必要とするクラブもあります。
面接 理事又はクラブ支配人と面接します。また面接時に紹介者・保証人の同伴をもとめる所もあります。
入会申込書の
クラブハウス掲示
入会者の入会申込書、経歴書などをクラブハウス内に3~4週間掲示し、会員の意見を求めるクラブもあります。
(例えば、掲示期間中に開催される月例競技などにおいて入会希望者が会員として相応しいかチェックがなされます)
同伴プレー ゴルフ場の理事や支配人とラウンドします。入会者のスコアより、エチケット、マナーをチェックされます。