ラウンドレポート
REPORT

大洗ゴルフ倶楽部(茨城県 昭和28年開場 設計:井上誠一) プレー日:2018年03月30日

バック
18H/P72/7200Y
レギュラー
18H/P72/6687Y
コースレート
バック 74.4   レギュラー 72.0
開場日 昭和28年10月25日
会員数 1633 名
経営会社 株式会社水戸カンツリー倶楽部
プレースタイル キャディ付徒歩
アクセス 北関東自動車道・水戸大洗ICより6km
電車大洗鹿島線・大洗駅下車
クラブバス大洗駅より運行 7分  8:45 9:30
お問い合わせ ≫お問い合わせフォームへ
大洗ゴルフ倶楽部は昭和28年10月開場の茨城県最古のゴルフ場で、ゴルフ設計の巨匠 井上誠一氏の最高傑作と言われています。
太平洋の大洗海岸に沿って造られたシーサイドコースで、コース内には巨大な松が約2万5千本あり、美しい景観と難易度をかもしだしています。
日本オープン、日本アマ、日本女子アマ、ダイヤモンドカップ等各種のビッグトーナメントが開催されました非常に評価の高いコースです。
今回は憧れの大洗ゴルフ倶楽部でのラウンドです。
他に類を見ないような豊富な松林でセパレートされた、コースレート74.4が示すように非常に難しいコースです。
シーサイドコースの特徴の強風で斜めに生い茂った松林や横に張り出した松の枝が空中のハザードになり難易度を高めています。ひとたび風が吹くとより一層難しくなります。
松林はフェアウエイ両サイドのみならずグリーン周りもかなり密集していて、前方への脱出を阻みます。
林間コースにありがちな単調なレイアウトとは全く異なり、各ホールにそれぞれ特徴があり、あらゆる技術を駆使してのプレーを要求する飽きのこないレイアウトになっています。
グリーンは10フィートと表示されていましたがそれ以上に早く感じられ、スリリングなパッティング、アプローチを体験できました。
USゴルフダイジェスト世界ベストコース100にも選出されただけあって、美しくもあり難しい幾度となく挑戦したくなるコースで
HOLE123456789TOTAL
PAR45434453436
HOLE101112131415161718TOTAL
PAR54443534436
OUT コース ホール No.1 Par4/Back442y/Reg414y
距離のあるミドルホールで、フェアウェイは広めだが、グリーン手前70Y付近は絞られている。
OUT コース ホール No.2 Par5/Back517y/Reg501y
右にドッグレッグしたロングホール。正面に松林があるので、ティーショットの狙い目は左サイド。
OUT コース ホール No.3 Par4/Back407y/Reg389y
バンカーの1つもない真っ直ぐなミドルホール。左右から松の枝がフェアウェイにせり出しているので狭く感じる。
OUT コース ホール No.4 Par3/Back165y/Reg133y
池越えのショートホール。距離が短めなので池はさほど気にならない。
OUT コース ホール No.5 Par4/Back450y/Reg414y
フェアウェイ右正面に松林(中之島)があるので、ティーショットの狙いは左サイド。
OUT コース ホール No.6 Par4/Back348y/Reg332y
真っ直ぐな短めなミドルホール。グリーンはバンカーでガードされている。
OUT コース ホール No.7 Par5/Back573y/Reg531y
距離のあるS字に曲がっている大洗最長のロングホール。
OUT コース ホール No.8 Par3/Back214y/Reg192y
比較的長いショートホールですが、花道が大きく開いている。
OUT コース ホール No.9 Par4/Back445y/Reg390y
ティーショットは、正面2本の松の上又はやや左が狙い目。フェアウェイは左傾斜でグリーン手前の林がフェアウェイ寄りに傾斜しているので、セカンドショットの難易度が高い。
IN コース ホール No.10 Par5/Back530y/Reg504y
右サイドは太平洋。海からの風とグリーン左手前のバンカーに注意。
IN コース ホール No.11 Par4/Back390y/Reg374y
ティーショットは、左の池を避け右サイド狙い。緩やかに左にドッグレッグしているミドルホール。
IN コース ホール No.12 Par4/Back380y/Reg352y
右から高い松がせり出しているので、左サイドに運びがちだが、グリーン正面に松が立ちはだかり、左からの松枝も邪魔になってしまう
IN コース ホール No.13 Par4/Back438y/Reg410y
僅かに左へカーブしている太平洋から一番奥にあるホール。
IN コース ホール No.14 Par4/Back192y/Reg169y
グリーン手前の背丈より深いバンカーだけは避けたい。
IN コース ホール No.15 Par5/Back571y/Reg556y
フェアウェイほぼセンターに1本の松が立ちはだかる。セカンドショット以降、右は池と林、左は松とバンカー。
IN コース ホール No.16 Par4/Back245y/Reg218y
海に向かって打つ距離のあるショートホール。バンカーはないがアゲンストとなる海風が厄介。
IN コース ホール No.17 Par4/Back456y/Reg418y
軽く打ち上げているのでティーショットの落としどころが見えづらいホール。左からの海風に注意。
IN コース ホール No.18 Par4/Back437y/Reg390y
右のサイドは一段低くなっている。1998年の日本オープンで田中秀道プロが起死回生のリカバリーショットをした松林。この松林だけは避けたい。
大洗ゴルフ倶楽部 施設ガイド
クラブハウス 駐車場より
クラブハウス コース側より
クラブハウス ドライビングレンジ側より
ドライビングレンジ 280ヤード 15打席
ドライビングレンジ 
アプローチ練習場
アプローチ練習場
パティンググリーン
パティンググリーン
ロッカールーム
駐車場
駐車場
レストラン
レストランからコースを望む
16番ホールから太平洋を望む
18番ホールから太平洋を望む
ロッジ
大洗ゴルフ倶楽部 入口
茶店
運転手控室
お刺身ご飯
かに玉丼