ゴルフ会員権相場
MARKET

富士OGMゴルフクラブ市原コース

お見積り 購入依頼 売却依頼 お問い合わせ お天気 地図 ニュース HP
基本情報
コース所在地 千葉県市原市古敷谷権現代1685
電話番号 0436−96−1211
予約電話番号
経営会社名 オリックス・ゴルフ・マネジメント株式会社 
経営会社住所 東京都港区芝2−28−8 芝2丁目ビル
経営情報 2004/12/15 富士カントリー㈱が特別清算申請
2005/4/1   オリックス・ゴルフ・マネジメント系列に
           名称変更
コース概要 正統派のコース設計家、巨匠ロバート・トレント・ジョーンズJr.の設計。
フェアウェイは広々と設計されているがグリーンに近づくにつれターゲットはタイトとなりより正確なショットが要求される。各ホールで挑戦意欲が試されチャレンジに成功すれば大きなチャンスに恵まれるレイアウト。
「考えるゴルフ」と「自然との調和」による美しさを融合させたコースデザインは、パワーよりもインテリジェンスが尊重されさまざまなプレースタイルのゴルファーに興奮と感動を提供する。

クラブハウスは品格と豊かさをテーマとし、大きなスケールを持ちながら自然に溶け込み、落ち着いた風格を漂わせます。開放感のあるエントランス、眼下にコースを見渡せるレストラン、滝を望む浴室など心地よいくつろぎの時間を提供します。コンペルームも多様なニーズに応えられるよう少人数のVIPルームから160人規模のコンベンションルームまで用意しております。

特定会員利用可能日 
ジュピター:祝日を除く平日+西暦奇数年においては偶数日、偶数年においては奇数日の土日祝日(振替休含む)プレー可
ビーナス:祝日を除く平日+西暦奇数年においては奇数日、偶数年においては偶数日の土日祝日(振替休含む)プレー可
名義書換料:50万円   年会費:22,000円

グリーン:ベント(1グリーン)

・名物ホールは17番。
  左ドッグレッグのロングホール。ショートカットに成功すればビッグチャンスに恵まれチャレンジ意欲を掻き立てられるホール。設計コンセプトであるリスクと報酬を体感できるダイナミックなホールロケーション。

・自慢の付帯設備
   特別室(秀峰・秀翠・秀麗)・・プライベートなバスルーム、ロッカールームを完備したインペリアルサロン。6名~12名で朝食からランチ、ホールアウト後のご歓談までゆったり過ごせる贅を極めた空間。

・レストランの人気メニュー
  うな重・・香ばしくふっくらと焼き上げた肉厚の国産うなぎを特製ダレで!

・人気の土産物
  アップルパイ・・大ぶりのリンゴを贅沢に使用しカスタードクリームとの相性もバツグン。ランチ時注文で帰りに焼き立てをお持ち帰りできます。
  ボローニャデニッシュブレッド、アンデデニッシュプレーン

◎メンバー枠
  7時台・8時台・9時台・10時台の各時間帯でOUT・INそれぞれ1組  計8組設定あり
ホール数 18H   P72   6908Y
設計者 ロバート・トレント・ジョーンズJr.
加盟団体 JGA・KGA
コースレート 72.2
開場日 平成4年9月6日
会員名簿 なし
会員数 正1042 名  特定:ジュピター168 名 ビーナス149 名
定休日 無休
練習場 230Y 19打席  アプローチ・バンカー
宿泊施設 なし
系列コース OGMグループ
アクセス 圏央道・市原鶴舞ICより6km/館山自動車道・市原ICより26km
電車小湊鉄道・上総牛久駅下車
クラブバス土日祝のみ運行(要予約)高滝駅7:55⇒市原鶴舞バスターミナル8:10   ゴルフ場16:35(鶴舞駅まで)
コース詳細 ※平成30年10月1日(平成30年度分)より年会費改定
   会計年度・・10月~9月
   正会員     36,000円(税別)⇒60,000円(税別)
   特定会員    22,000円(税別)⇒40,000円(税別)
    (ジュピター会員・ビーナス会員)  
会員情報
正会員 平日会員(土曜日利用可能) 平日会員(土曜日利用不可)
名義書換料 (万円・税別) 100 50
入会預託金 (万円) 0 0 0
年会費 (万円・税別) 6 0 4
入会条件 ・女性入会:制限なし
・外国籍入会:制限無し・暴力団員、準構成員、又は反社会的団体に所属していないこと
・企業経営者や上場企業またはそれに準ずる企業の役職員等の方々を主要対象者とする
・入会希望者が未成年の場合は事前に東京本社に相談
・法人⇔個人
証券サンプル
地図
富士OGMゴルフクラブ市原コース
279 9747

オリックス・ゴルフ・マネジメントの事業譲渡、一部再出資 2018年11月14日

オリックス㈱は100%出資子会社のオリックス・ゴルフ・マネジメント㈱(OGM)をMBKパートナーズに譲渡、それとともにMBKパートナーズのゴルフ事業持株会社の株式持分約5%を取得することで合意した。
オリックスは1986年ゴルフ事業開始、30年以上にわたり運営ノウハウを蓄積してきた。現在はOGMのもと国内業界3位となる全国39ヶ所のゴルフ場と2ヶ所の練習場を運営。多種多様なコースバリエーションが揃っているのが特徴で安定した稼働実績を有する。
MBKパートナーズは日本をはじめ東アジア地域を拠点に活動するプライベート・エクイティ・ファーム。日本においてもコンシューマー向け事業への成長投資を手掛けた豊富な実績があり、株式会社アコーディア・ゴルフを保有。アコーディア・ゴルフは全国135ヶ所のゴルフ場と27ヶ所の練習場を運営。約330万人のポイントカード会員を有する業界トップクラスの総合力を生かした運営に加え、アプリでのモバイルチェックインなどITを活用したサービスが特徴。
OGMが顧客サービスのさらなる向上を図り、安定した事業基盤の確保していくのを目的に事業譲渡を行う。MBKパートナーズの傘下のもとでOGMとアコーディア・ゴルフがそれぞれの強みを生かし事業シナジーを発揮し、両者合わせて国内最大のゴルフ場運営会社としてのスケールメリットを最大活用、ともに成長していくことが最良と判断した。
会社分割により、OGMのゴルフ事業・ゴルフ練習場事業を新会社に承継、新会社の全株式をMBKパートナーズが組成した投資目的会社の㈱MBKP Golf Managementへ譲渡すると同時にオリックスはアコーディア・ゴルフと当該新会社の株式持分を間接的に5%取得する。

9760

太平洋クラブ、御殿場コースの改修が完了し記者発表 2018年11月09日

㈱太平洋クラブは太平洋クラブ御殿場コースでの三井住友VISA太平洋マスターズ開催を控え記者会見を開いた。
御殿場コースの全面改修は国際水準を目指し、改修設計に第一人者のリース・ジョーンズ氏を迎え、戦略性・景観を重点に改修、10月1日にグランドオープンした。
改修では4番・9番でティグラウンドを新設、総ヤーデージは7246ヤードから7327ヤードに伸びた。ランディングエリアの280ヤード付近はプロに難しくなるように絞られたという。また、池はFWよりに拡張、バンカーも全て改造されたが、リース氏のモットーはメンバーにとって楽しめるコースということでティグラウンドはミドルティ新設で計6ヶ所に増設、フロントやレディスティは距離を短縮した。
記者会見では、芹澤信雄校長、レッスンプロ7名、チームセリザワの宮本勝昌、藤田寛之両プロも出席し「太平洋クラブ×チームセリザワゴルフアカデミー開校」を発表。御殿場コースと御殿場ウエストの2コースで開校するもので、御殿場コースにアカデミーハウスやレッスンスタジオを備える予定。

太平洋クラブ